キーボード

キーボードとは…と説明しなくても皆さんお分かりになっていると思いますが、念のため説明させていただきます。

キーボードとは、たくさん並んでいるキー(ボタン)を打ち込むことで文字を入力したり、パソコンに命令を与える装置のことです。

一般的なキーボードの形状は、長方形の板状の箱にだいたい100前後のキーが設置され、そのキーひとつひとつに文字や記号、機能などの名称が印字されています。

このキーを押したり離したりすることによって「スキャンコード」という信号がパソコンへ送信され、私たちはパソコンを操作することができるというわけです。

そんなキーボードですが、材質や形状、キーの配列、スイッチの仕組みなどの違いによって様々な種類が存在しています。

キーボードはパソコンをする人にとって1番手に触れるものであるため、使用する人それぞれの使い心地を最大限配慮した結果、膨大な種類が生まれていったのです。

さて、今回はキーボードについて、奥深くまで解説していきますよ!
 

■キーボードの配列

私達が普段何気なく使っているキーボードですが、キーの配列やボタンの数の違いによっていくつか種類があります。

Windows用かMac用か、さらに言語の違いまで考慮すると数えきれないほどの種類がありますが、基本的にどれもアルファベットの配列は同じです。

その配列のことを、キーボード左上の6つのアルファベットを取って「QWERTY配列」と呼び、もちろん日本語キーボードもそれに則っています。

現在、日本で最も普及しているのが106/109日本語キーボードと呼ばれるものです。

下の絵は109日本語キーボードの配列で、106日本語キーボードの場合、Windowsキー2つとアプリケーションキーがなくなります。

109日本語キーボード
109日本語キーボード

また、最近は109日本語キーボードの右上に「Power」、「Sleep」、「Wake」の3つの省電力制御キーが追加された112日本語キーボードというのもだいぶ普及していますね。

Power、Sleep、Wakeの3つの省電力制御キーが追加された112日本語キーボード

また、各キーには機能やキーボード上の配置場所によってそれぞれ名称があります。

一応それぞれのキーの説明も書いていますが、なんとな~くキーの配置場所と名称だけ覚えてもらえればOKですよ!

キーの配列と名称①特殊キー
文字キーと呼ばれる③の周りを取り囲むようにして配置されているキーの総称。
基本的に他のキーとの組み合わせで機能するものが多く、複数の特殊キーを組み合わせて使うこともある。

②ファンクションキー
キーボードの上部に配置されている「F1」~「F12」のキーのこと。キーボードによっては「F15」や「F16」まであるものもある。
様々なショートカットが行えるキーとして使用できるほか、自分で自由にカスタマイズもできる。

③文字キー
文字を入力するキー。設定によりローマ字入力かひらがな入力かを選択することができる。
また、「Shiftキー」を押しながら文字キーをひとつ押すことで、キーの上部にある文字や記号(!や~など)を打ち込むことができる。

④ハードウェアキー&操作キー
ハードウェアキー:ソフトの開発者が機能を割り当てることのできるキーのこと。
操作キー:テキストの入力や削除などの作業に関わる機能のキーのこと。

⑤カーソルキー
上下左右の矢印が印字されているキーのこと。
画面上にあるカーソルの位置を移動させたり、ウィンドウをスクロールさせたりすることができる。
また、文字の入力中に「Shiftキー」を合わせて押すと文字列の選択や解除ができたり、「Ctrlキー」と合わせて押すと単語や文節単位で移動させたりできるようになっている。

⑥テンキー
キーボードの右側に0~9までの10個の数字や、「+・-」などの計算で使用される記号、Enterキーなどがひとまとまりにされているキーのこと。
電卓のような配列になっており、数字や計算式が片手でも効率よく入力できるようにと設計されている。


上記のように100前後のキーには様々な機能があるわけなんですが、市場に出回っているキーボードの中には④、⑤、⑥が排除され、省スペースを重視したキーボードなんかもあります。

小さめなノートパソコンにも④、⑤、⑥がなかったりしますよね。
 

■ホットキー(マルチメディアキー)ってなんだ?

前項で標準的なキーボードのキーの種類を紹介しましたが、それとは別にホットキー(マルチメディアキー)というものを搭載しているキーボードが存在します。

ホットキー(マルチメディアキー)ホットキーとは、通常、メニューを開いて各項目を選択し実行しなければならない動作を、ボタンひとつで実行できるようにしてあるキーのことです。

例えばインターネットのブラウザやメールソフトをワンタッチで起動することができたり、音楽の音量を上下させることができたりします。

上の画像がホットキーの種類の一例ですが、キーボードによってキーの数や機能は異なり、ノートパソコンの場合だと、ファンクションキーと一緒になっていることも多いです。

ホットキーのメリットとしては、ボタンひとつで操作できるようになるため仕事などの作業効率が上がる、ということですかね。

また、ホットキーを搭載しているキーボードの中には、ホットキーに好きな操作を自由に割り当てることのできるソフトが付いているものもあるので、さらに効率アップが図れると思います!
 

■自分に合ったキーボードを見つけるためには?

キーボードの好みというのは、本当に十人十色だと思ってます。

ひとりひとり手の大きさや指の長さ、力加減が違う訳なので、同じキーボードであっても人によって使用感はそれぞれな訳です。

例えば、手が大きい人がキーの小さいキーボードを使用するのは窮屈でしょうし、逆に手の小さな人が大きすぎるキーボードを使用する場合、指の移動が大変で疲れてしまいますよね。

そんなことにならないためにも、「自分にあったキーボード」を見つけるために知っておいてほしいポイントを4つご紹介します!

①キーストローク

キーストロークの違いキーストロークとは、キーボードのキーを押し込んだときにキーが押し込まれる深さのことです。

もうちょっと詳しく説明すると、キートップ(文字が印字してあるキーのてっぺん)が、何もしていないときと完全に押し込まれたときの高さの差、ということになります。

この差が大きいと「キーストロークが深い」、差が小さいと「キーストロークが浅い」と言います。

キーストロークの深さは、デスクトップパソコン用のキーボードの場合は4mm程度、ノートパソコンのキーボードの場合では2、3mmであることが多いようで、ある程度深いキーボードのほうが打ち心地が良いです。

が、あまりに深いと指が疲れやすく、逆に浅いとミスタッチが起きやすくなってしまうので、自分に合うキーストロークのキーボードを見つけましょう。

②キーピッチ

キーピッチキーピッチとは、キーボードのキー同士の間隔のことです。キーの中心から隣のキーの中心までの距離がこれに当たります。

だいたい15~20mm幅のものが市場に出回っていますが、最も一般的なのが、デスクトップパソコン用のキーボード(フルサイズキーボードと言うよ!)の19mm幅のものです。

省スペースのキーボードやB5サイズ以下のノートパソコンのキーボードは、大きさに制限があるために、一般的なキーピッチの幅よりも狭く設計されていることが多くあります。

なので、普段フルサイズキーボードを使っている人が小さいノートパソコンを使用してみると、めちゃくちゃ打ちづらいと感じると思います。(また、その逆も然りです)

キーピッチが広すぎると、指を動かす動作が大きくなってしまうために疲れてしまいますし、逆に狭すぎると隣のキーをミスタッチしやすくなってしまいます。

人によって手の大きさや長さに違いがあるので、実際にお店などで試し打ちをして、どの長さのキーピッチが1番打ちやすいか知っておくのがいいかもしれませんね。

③キー荷重

キー荷重とは、キーを押すときに必要な力(重さ)のことです。

30gとか45gというようにg(グラム)で表記されていて、ようするに表記されているg以上の力を加えることでキーが沈むというわけですね。

キー荷重が重すぎると指が疲れてしまいますし、入力が遅くなります。逆に軽すぎると入力が高速にできる反面、ミスタッチしやすくなります。

ちなみにキーボードの中には「変荷重」という、キーの位置によって重さを変えているキーボードがあります。

スペック表には「30g/45g/55g」というように表記されていて、主に力の入りづらい小指や薬指で押すキーが軽くなっているのです。

このことで指への負担がだいぶ軽減されるため、仕事などで長時間パソコンを使用する人にはオススメなキーボードですね。

④打鍵音

打鍵音とは、キーボードを打つときに出る音のことです。文字の通りですね。

キーボードの種類によって、打鍵音が小さいものから大きいものまで様々あります。

中には使用している人が爽快感を味わえるよう、わざと大きな音の出るように設計されたキーボードもありますが、あまりにガチャガチャうるさいと、周りの迷惑になってしまいますよね。

人がたくさんいる環境で使用するのなら、なるべく打鍵音が小さめのキーボードを選択しましょう。
 

■キースイッチの仕組みの違い

キーボードと一口に言っても、数千円と安価なものから2万円以上する高額なものまで、本当にさまざまです。

いくらキーの数や搭載されている機能に違いがあったとしても、こんなに金額の違いがあるのはなんでなのでしょうか?

それは、キーのスイッチ部分の仕組みに大きな違いがあるからなんです。

キースイッチの仕組みは、主に下記の4種類に分類することができます。

①メンブレン式

メンブレン式キーとスイッチ部分との間に薄いラバードーム(シリコンキャップ)があり、キーを押し込むとスイッチに接触し、ラバードームの反発力でキーが元の場所に戻るという仕組み。

簡単な構造のため大量生産しやすく、安価で売られています。

押し込んだ時にペコペコとした不自然な反発があって、一定の圧力をかけると急に沈み込み、グニャリとした底打ち感になります。

構造上、キーの端っこを押してしまうと抵抗が生じてしまうので、打ちづらく感じるときもあるでしょう。

また、ラバードームの反発力がそのまま指に伝わるため、長時間使用していると疲れやすいです。最悪、腱鞘炎の原因ともなる可能性があるので注意が必要です。

長期間使用しているとラバードームが劣化して反発力が弱くなるため、耐久性は他のタイプのものより劣ります。

②パンタグラフ式

パンタグラフ式メンブレン式と同様、キーを押し込むことでスイッチと接触し、ラバードームの反発力でキーが元の場所に戻る仕組みになっています。

しかし、さらにメンブレン式の構造にプラスして、ラバードームの周りに電車のパンタグラフのような「支持構造」を持たせたことが、パンタグラフ式の1番の特徴です。

その支持構造によりムラなく力を伝えられるようになっているので、キーの端っこを押してしまってもスムーズに入力ができます。

構造上薄くすることが可能なため、ノートパソコンでよく採用されています。

また、キーストロークが浅いので指の動きが少なくてすみ、疲れにくいという特徴があるため、デスクトップパソコン用のキーボードにも採用されることが多くなりました。

しかし、「キーストロークが短い=キーが平ら」なために、隣のキーとのミスタッチが起きやすいというデメリットもあります。

価格帯はメンブレン式とメカニカル式の間ぐらいです。

③メカニカル式

メカニカル式キーひとつひとつに電気的なスイッチが設けられていて、スプリング(バネ)の反発力によってキーが支えられているが特徴のキーボードです。

キーを押し込んだときに、キーの軸が板バネを横に押し動かすことによってスイッチをオンオフする仕組みになっています。

ラバードームではなくスプリングが使用されているため耐久性は高く、また、力を加えると徐々にキーが沈み込むため、タイピングはなめらかな感覚であり、長時間使用しても疲れにくいというメリットがあります。

また、このメカニカル式の1番の特徴と言ってもいいのが「カチャカチャ」っという独特な音であり、これによって爽快なタイピングを味わうことができます。

タイピングの際に鳴るこの音は、構造上のものではなく、わざと音が鳴るよう設計されています。そのため、周囲の迷惑にならないように音のならないメカニカルキーボードも登場しています。

メカニカル式はスプリングの硬さやスイッチの形状の違いによって、さらに5つに分類することができます。

茶軸 軽く柔らかな押し込み感と、底打ち前に「カチリ」と軽やかなスイッチ感がある。
黒軸 スイッチ感はなく、ストレートな押し込み感を味わえる。キーの押し返しが5つの中で1番強い。
白軸 茶軸の押し込み感をさらに重くしたもの。最近はあまり見かけない。
青軸 押し心地は最も軽く、スイッチ感は茶軸よりも強くなっている。「カチャカチャ」とした音が大きいため、迷惑になる場合も。
赤軸 黒軸と同様にスイッチ感がない。スプリングの反発力は黒軸よりも弱い。

価格は高めで、パンタグラフ式と静電容量無接点方式の間くらいですね。

④静電容量無接点方式

静電容量無接点方式静電容量の変化を検出するスイッチの構造で、キーが一定の深さまで押されると「接触した」と認識します。

そのため物理的な接点がなく、摩擦のリスクがないので耐久性は最も高いです。

メンブレン式やパンタグラフ式と同様にラバードームが採用されていますが、その内部に円錐形のスプリングが入っていて、なめらかなタイピング感とスプリングが底を打つ軽やかな感覚を味わえます。

高速な入力が可能なため、金融機関や証券会社などで使用さることが多く、「一度使用したら他のキーボードが使えなくなる」とまで言われている代物です。

金額は4つの中でも最も高く、まさにプロフェッショナルな用途に最適なキーボードです。
 

■無線キーボードと有線キーボード

ドスパラでカスタマイズ選択できるキーボードはいくつかありますが、下記のカスタマイズ画面にあるように、有線キーボードだけではなく無線(ワイヤレス)キーボードも扱っています。

ドスパラのキーボードの項目のカスタマイズ画面

こうしてみるとドスパラは無線キーボードの充実に力を入れているように見えますが、実際にその人気と需要は近年高まってきています。

では、有線キーボードと無線キーボードのメリットとデメリットは何があるんでしょう?

有線キーボード 無線キーボード
有線キーボード 無線キーボード
メリット
高速な入力にも反応できる!
電池を毎回買わなくていい!
コードがないからスッキリ!
デメリット
コードが邪魔になる 電池が少なくなると動作が不安定になる
高速な入力に対応できない場合も

有線か無線か、管理人がオススメするなら有線なのですが、パソコンの使用スタイルによっては無線でもいいと思っています。

オンラインゲームのように0.1秒の中で競い合ってる人たちや、仕事などで高速な入力を要求される人たちの場合、絶対有線キーボードがいいです。

と、言うのも、無線キーボードは有線キーボードよりも反応が遅かったり、まれに反応しなくなったりするなどと、動作が安定しない場合があるからなんです。

管理人もスピードを要求される仕事をしているので、有線キーボードを愛用していますよ。

とは入っても、インターネットをしたりメールを打ったりするぐらいのことであれば、正直体感速度に変わりは感じられません。

ヘビーユーザーという訳でなければ、「電池が少なくなると動作が安定になること」と「電池を定期的に交換しなければいけないこと」のこの2つを我慢できるなら、無線キーボードでもOKだと思います!

やっぱりコードがないっていうのは、置き場所が制限されないのでストレスなく使用できますもんね。

ということで、結論は「ヘビーユーザーなら有線、そうでないなら無線でもいいかも…」といったところです。

 

さて、以外に奥が深いキーボードの話でしたが、みなさんの疑問は解決したでしょうか?

以上、キーボードについてでした!

 

 



ドスパラPC 売れ筋&人気ランキング


-----------------------------------------------
1位:GALLERIA XV:★★★★★
-----------------------------------------------
GALLERIA XV

-----------------------------------------------
2位:GALLERIA XT:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA XT

-----------------------------------------------
3位:GALLERIA ZZ:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA ZZ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota

ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota新宿で働くWEBプロデューサー

投稿者プロフィール

ドスパラ評判購入ナビは、ドスパラPCをこよなく愛するmasagorotaが運営する個人サイトです。新宿でWEBプロデューサーとして働きながら、ドスパラ評判購入ナビを運営しておりますので、少々筆が遅いところもありますが、出来うる限り更新していきますので、応援をよろしくお願い致します!ドスパラ評判購入ナビでは、公平な情報を掲載してきます。ドスパラを愛するがゆえの行動ですね。ドスパラ評判購入ナビに是非参加したいという方がいらっしゃいましたら、ページ右上のお問い合わせからご連絡下さい。色々な方とドスパラ評判購入ナビを運営していけたらと考えております。ドスパラ評判購入ナビを今後共よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • メカニカル愛用
    • 2015年 11月 19日

    事務所でメカニカルキーボード使ってたけど、今後は気をつけよう…。 でも打ち心地いいんだよなぁ

ドスパラ購入を検討している方へ

ドスパラ評判購入ナビでは、納得してPCを購入したい方を応援しています。PCのカスタマイズに必要な基礎知識については「カスタマイズ攻略法」をご覧下さい。
ドスパラの製品一覧情報を見たい方は、「ドスパラ製品情報」をご確認下さい。

また、目的に合わせたマシンとカスタマイズ例を「目的別おすすめセット」のコーナーでご案内しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ドスパラ評判購入ナビでは、良質な内容を掲載することを目標としております。量より質(内容)というポリシーでやっております。多少、筆が遅いところもありますが、末永く見守って下さい。

皆様のご意見・ご要望を募集しております。ページ上部にある「お問い合わせ」からぜひ、ご連絡下さい。

売れ筋PCランキング

ページ上部へ戻る