皆さんも一度は聞いたことがあると思う「無線LAN」。

今はスマートフォンが普及したおかげで、だいぶお世話になることが増えたんじゃないかと思います。

そしてドスパラのパソコンも、無線LANでインターネットができるよう、カスタマイズ選択ができるようになっています。

無線LANの説明に入る前に、まずお家でインターネットがつながる仕組みについて説明します!
 

■有線LANと無線LAN

さて、お家でインターネットをパソコンにつなげる方法は、有線LANの場合無線LAN場合の2つがあります。

有線LANの場合
有線LAN接続図
無線LANの場合
無線LAN接続図

まず、インターネットのサービスを提供している業者から家にインターネット回線を引く工事をしてもらい、ONU(回線終端装置)またはモデムという機器を借ります。

ONU(回線終端装置)とは、光回線でインターネットをするための機器です。光回線はデータを光信号という形にし、光ファイバーというケーブルを通して送信してくれるのですが、パソコンは光信号を読み取ることができません。その光信号をパソコンが読み取れるようにデジタル信号に変換してくれるのが、ONUなのです。

モデムもONUと役割は同じで、アナログ信号という形のデータをデジタル信号に変換してくれます。

業者と契約した内容が光インターネットならONU、ADSL(電話回線を使用するインターネット)ならモデムを借りることになるのですが、今の時代は光インターネットが主流になっていますね。

さて、ここまでは有線LANも無線LANも手順は同じですが、ここからは異なります。

有線LANの場合は、ONU(またはモデム)から「有線LANルーター」と呼ばれる機器にLANケーブルでつなぎ、さらに有線LANルーターからパソコンのブロードバンドポート(わからない人は前項「LANカード(LANボード)」を見てね!)にLANケーブルで直接つなぎます。
※ひとつの回線でパソコンを複数台使う場合はこのルーターが必要になりますが、パソコンを1台しか使わない場合、直接ONUからパソコンへつないでもOKです!

無線LANの場合は、ONU(またはモデム)から「無線LANルーター」と呼ばれる機器にLANケーブルでつなぎます。また、パソコンに無線LANルーターと電波をやり取りする機器を取り付けて、準備は完了です。

こうしてインターネットを自宅で楽しめるようになるのですが、各々メリット・デメリットがあるんです。

有線LAN 無線LAN
有線LANルータ 無線LANルータ
メリット
通信速度が速い! 家中どこでもパソコンを持ち運びできる!
回線が安定している! 配線がごちゃごちゃしないからスッキリ!
不法侵入されるリスクが低い! たくさんのパソコンやスマートフォンに接続できる!
デメリット
持ち運びが自由にできない… 通信速度が遅い…
配線がごちゃごちゃになりがち… 回線が安定しない…
ポートの数以上にパソコンをつなごうとするとハブが必要になる… 場所によっては電波の届かないところも…

 ※ハブとは、ルーターの後につないでポートを増やすことのできる機器のこと。たくさんの周辺機器に有線でつなぐことができる。

このように有線LANと無線LANは一長一短あります。自分のパソコンの使用スタイルを見極めて、どちらが合っているか見極めましょう!

ちなみに、無線LANルーターには必ず4個の有線LANポートがついているので、パソコンは有線、スマートフォンは無線、なんてこともできますよ。
 

■無線LANの「親機」と「子機」って?

無線LANの環境を整えるためには、無線LANルーターを購入するか、インターネット業者からレンタルする必要があります。(レンタルの場合はもちろんレンタル料がかかりますよ!)

無線LANルーター本体のことを「親機」と呼ぶのですが、これだけではインターネットにつなげることはできません。パソコンに無線LANルーターと電波をやり取りする「子機」という機器を取り付ける必要があります。

この2つが揃ってはじめて、無線LANを使用することができるのです。

そして、子機には下記のように様々な形状があります。

USBタイプ SDカードタイプ PCカードタイプ コンパクトフラッシュタイプ
無線LAN子機 USB 無線LAN子機 SDカード 無線LAN子機 PCカード 無線LAN子機 CF

大体この4種類がありますが、現在はUSBタイプのものが主流になっているようです。

昔はノートパソコンで無線LANを利用するためにPCカードタイプも人気があったのですが、最近はほとんどのノートパソコンに無線LANの子機の機能が内蔵されるようになったため、需要がだいぶ減りました。

ドスパラで扱っている無線LANの子機全てがUSBタイプのものになっていますから、時代はやはりUSB!みたいです。
 

■標準規格「IEEE802.11」って何?

ドスパラの無線LANのカスタマイズ画面

ドスパラのカスタマイズ画面にあるこの「IEEE802.11」とその後に続くアルファベット。これはいったい何なのでしょう?

「IEEE802.11」とは現在主流になっている無線LANの通信規格のことで、使用する周波数帯や通信速度の違いによってアルファベットで区別されています。

親機と子機は同じ通信規格同士、または同じ周波数帯じゃないと通信できないので注意が必要です!

通信規格 周波数帯 帯域幅 最大通信速度
IEEE802.11a 5GHz 20MHz 54Mbps
IEEE802.11b 2.4GHz 20MHz 11Mbps
IEEE802.11g 2.4GHz 20MHz 54Mbps
IEEE802.11n 2.4GHz/5GHz 20MHz/40MHz 600Mbps
IEEE802.11ac(Draft) 5GHz 40MHz 1600Mbps
IEEE802.11ac 5GHz 160MHz 6933Mbps

まず、「周波数帯」というのは電波の通り道の種類のことです。日本では電波法という法律によって、無線LANの使用できる周波数帯を2.4GHz帯と5GHz帯の2つに定められています。

また、この周波数帯はいくつかの小道にわかれていて、その小道を「チャンネル」と呼びます。「帯域幅」はその小道の道幅を現しているのです。

周波数帯・帯域幅、チャンネルの説明

そして、周波数帯の2.4GHz帯と5GHz帯には、それぞれメリット・デメリットがあります。

  2.4GHz帯 5GHz帯
メリット 5GHz帯よりも遠くまで電波が届く。また、一般に普及している11b/11g/11nの規格で使われているため、機器間の互換性が高い。 家電製品が出す電波と干渉しにくいため、通信速度の低下が避けられる。また、2.4GHz帯とは違いチャンネル同士が重なり合っていないため、安定した通信ができる。
デメリット 家電製品やBluetoothなど幅広く使用されている周波数帯のため、電波の干渉を受けやすく、通信速度が低下しやすい。また、チャンネル同士が重なり合っている部分があり、その部分が干渉し合って電波が不安定になりやすい。 壁などの遮へい物に弱いため、親機と子機が別の部屋にあると通信が弱くなりやすい。


通信規格の中で現在広く普及しているのは11nですが、2014年1月に11acが正式に解禁され、今までとは桁違いな通信が可能となりました。

それまでは暫定版として11ac(Draft)が使用されてきたのですが、スマートフォンやタブレット端末が普及したことにより無線LANの需要が高まっている今、これからはきっと11acが主流になってくると思います。

ご家庭でパソコンや家族ひとりひとりのスマートフォン、タブレット、テレビ、ゲーム機など、たくさんの機器を無線LANにつなぐ今の時代だからこそ、予算の許す限り11acを購入したいところです…!


さて、日々進化し続ける無線LANですが、今回の解説は以上になります。

ぜひ参考にしてください!

 

 



ドスパラPC 売れ筋&人気ランキング


-----------------------------------------------
1位:GALLERIA XV:★★★★★
-----------------------------------------------
GALLERIA XV

-----------------------------------------------
2位:GALLERIA XT:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA XT

-----------------------------------------------
3位:GALLERIA ZZ:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA ZZ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota

ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota新宿で働くWEBプロデューサー

投稿者プロフィール

ドスパラ評判購入ナビは、ドスパラPCをこよなく愛するmasagorotaが運営する個人サイトです。新宿でWEBプロデューサーとして働きながら、ドスパラ評判購入ナビを運営しておりますので、少々筆が遅いところもありますが、出来うる限り更新していきますので、応援をよろしくお願い致します!ドスパラ評判購入ナビでは、公平な情報を掲載してきます。ドスパラを愛するがゆえの行動ですね。ドスパラ評判購入ナビに是非参加したいという方がいらっしゃいましたら、ページ右上のお問い合わせからご連絡下さい。色々な方とドスパラ評判購入ナビを運営していけたらと考えております。ドスパラ評判購入ナビを今後共よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (1)

    • あうあう
    • 2015年 8月 08日

    インターネットの仕組みってイマイチよくわかってなかったけど、納得できた!せんきゅー

ドスパラ購入を検討している方へ

ドスパラ評判購入ナビでは、納得してPCを購入したい方を応援しています。PCのカスタマイズに必要な基礎知識については「カスタマイズ攻略法」をご覧下さい。
ドスパラの製品一覧情報を見たい方は、「ドスパラ製品情報」をご確認下さい。

また、目的に合わせたマシンとカスタマイズ例を「目的別おすすめセット」のコーナーでご案内しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ドスパラ評判購入ナビでは、良質な内容を掲載することを目標としております。量より質(内容)というポリシーでやっております。多少、筆が遅いところもありますが、末永く見守って下さい。

皆様のご意見・ご要望を募集しております。ページ上部にある「お問い合わせ」からぜひ、ご連絡下さい。

売れ筋PCランキング

ページ上部へ戻る