「GALLERIA GAMEMASTER GX」レビュー!!

※2017年4月26日レビュー

▼GALLERIA GAMEMASTER とは?
▼GALLERIA GAMEMASTER GX のスペック情報
▼GALLERIA GAMEMASTER GX の外観
▼GALLERIA GAMEMASTER GX の内部
▼GALLERIA GAMEMASTER GX の付属品
▼GALLERIA GAMEMASTER GX のパフォーマンス・ベンチマーク測定結果
▼まとめ

ゲーミングPCで圧倒的知名度を誇るドスパラの「GALLERIA(ガレリア)」シリーズ。
そんなGALLERIAに、新ブランド「GALLERIA GAMEMASTER(ガレリア ゲームマスター)」が登場しました!

今回はその新ブランドのモデルから「GALLERIA GAMEMASTER GX」をレビューしていきますよ!

GALLERIA GAMEMASTER とは?

GALLERIA GAMEMASTERシリーズ

「GALLERIA GAMEMASTER(ガレリア ゲームマスター)」とは、ゲームを楽しむ全ての方に「安心・快適・安定」してプレイしていただくために、サポートを重視した新しいゲーミングPCブランドです。

2016年8月17日に「GALLERIA Gamemaster」として発表され、2017年3月21日に「GALLERIA GAMEMASTER」としてブランドのロゴを一新。さらに、サポート体制もより手厚くなり、パワーアップして再出発しました。

「でも、普通のGALLERIAとどう違うの?」と思う方も多いと思うので、「GAMEMASTER」シリーズの特徴を簡単にまとめてみました!

 安心の動作保証!46タイトルのゲームを検証済み!

これまでは「FF14 推奨PC!」「PSO2 推奨モデル!」なんて謳い文句のゲーミングPCはたくさんありましたが、「1台のPCで複数のゲームタイトルを保証してほしい…」というユーザーの声から、GAMEMASTERシリーズは46タイトルもの人気ゲームを全て動作検証!
ゲームの起動はもちろんのこと、アカウントの取得やチュートリアルに至るまで、PC&ゲームの知識に長けた専門スタッフが細かく検証しているので安心してプレイすることができます!
※動作サポートタイトルは今後も拡充していく予定とのこと。
>>サポートしているゲームタイトルの一覧はこちら

 24時間365日のサポート!知識豊富なコンシェルジュが応対!

故障や動作の不調などのパソコンのトラブルはもちろんのこと、ゲームのダウンロード方法からチュートリアルに至るまで、ユーザーの困りごとを全て解決してくれる手厚いサポート体制!
PCとゲームの知識に長けた専門スタッフが24時間365日いつでも対応してくれるので、初心者さんでも安心してオンラインゲームデビューすることができます!

 快適なプレイ環境!最新の高性能パーツと適切なスペック!

「GAMEMASTER」シリーズの全モデルが、最新の第7世代CPU(Kaby Lake)を採用!
さらに、美麗な映像や動きの激しいゲームにも対応できる高性能グラフィックカードと、高速な読み出し・書き込みが可能なSSDも標準で搭載!
タイムラグとも無縁な快適プレイを実現します!

 長時間のプレイも安心!高い冷却性と安定の電力供給 

長時間ぶっ続けでプレイしがちなオンラインゲームですが、パーツの発熱によってPCには大きな負担がかかってしまいます。
そんな長時間のプレイにも耐えられるように、CPUを強力かつ静かに冷却する高性能クーラーを搭載し、エアフローを重視したケースを採用!
また、パソコンの『心臓』とも言われる電源は、安定して電源を供給できる高品質な製品を搭載し、ユーザーの快適なプレイをサポートします。

>>GALLERIA GAMEMASTER 公式ページはこちら

GALLERIA GAMEMASTER GX スペック情報

GALLERIA GAMEMASTER GX(ガレリア ゲームマスター GX)
GALLERIA GAMEMASTER GX
OS Windows10 Home 64bit のインストール
CPU インテル Core i7-7700 プロセッサー
(クアッドコア, 定格 3.60GHz, ターボ・ブースト時最大 4.20GHz,
8MB L3 キャッシュ, インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
CPUファン 静音パックまんぞくコース
(高性能CPUファンで静音化&冷却能力アップ)
CPUグリス 高熱伝導率 ナノダイヤモンドグリス OC7
(20nmの超微細 人工ナノダイヤモンドパウダー含有グリス)
マザーボード インテル H270 チップセット搭載 ATX マザーボード
メモリ 16GB PC4-19200
(DDR4 SDRAM, 8GBx2, デュアルチャネル)
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX1070 OC 8GB (PCI Express3.0)
SSD 500GB
HDD 2TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA Ⅲ)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
電源 Enhance 800W 静音電源 (80PLUS TITANIUM / ATX-1880)
サイズ 207(幅)x520.7(奥行き)x450.2(高さ)mm

※その他の構成の詳細はこちらをご参照下さい。

小計(税込) ¥215,978
梱包送料(税込) ¥2,160
保険料(税込) ¥0
合計(税込) ¥218,138

送料も込みで約22万円。
普通のGALLERIAのモデルでは、ほぼ同じスペックのPCが約21万円で販売されていたので、実質差額の1万円分がサポート代ということになっているんでしょうね。
プラス1万円で手厚いサポートをいつでも受けられることを考えれば、かなり良心的な価格だと思います!

GALLERIA GAMEMASTER GX の外観

GALLERIA GAMEMASTER GXが梱包されているダンボール「GALLERIA GAMEMASTER GX」が届きました!
ダンボールには「GAMEMASTER」のブランドのロゴマークが貼られています。

GALLERIA GAMEMASTERのエンブレムエンブレムの中央に描かれているのは鷹。
鷹は昔から鷹狩などで人間の良きパートナーとして親しまれてきたため、ドスパラは『常にユーザーの皆様に寄り添い、頼られる存在なりたい』という思い込めてこのデザインにしたそうです。

GALLERIA GAMEMASTER GXの外観「GALLERIA GAMEMASTER GX」をダンボールから取り出しました!
筐体は「ゲームマスター専用KTケース ブラック」というATXケースが使用されていて、通常のGALLERIAシリーズに採用されている「ガレリア専用KTケース ブラック」と多少デザインに違いはあるものの、性能はほぼ同じです。
KTケースは冷却性能や剛性、拡張性にこだわって開発されたものなので、ATXケースの中でもサイズは大きめとなっています。

GALLERIA GAMEMASTER GXのフロント部分「GALLERIA GAMEMASTER GX」の前面(フロント)部分です。

GALLERIA GAMEMASTER GXの5インチオープンベイフロントの上部には5インチオープンベイが5つあります。
その内、1番下のベイが3.5インチオープンベイと兼用になっています。
空いているベイにはカードリーダーやオープンベイ専用の小物入れなどを設置することができますよ。

GALLERIA ZZのDVDスーパーマルチドライブ5インチベイの1番上に搭載されているのは、DVDスーパーマルチドライブです。
今回搭載されていたのは、HLDS製の「GH24NSD1」という製品のバルク品(業者向けに簡易包装で販売されるパーツのこと。性能に差異はない)でした。
スペックの詳細は下記の通りです。

書き込み DVD±R ×24/ DVD±R DL ×8/ DVD-RW ×6/ DVD+RW ×8/ DVD-RAM ×5/ CD-R ×48/ CD-RW ×24
読み出し DVD-ROM ×12/ DVD-ROM DL ×12/ DVD±R ×16/ DVD±R DL ×12/ DVD±RW ×13/ DVD-RAM ×5/ CD-ROM ×48/ CD-R ×48/ CD-RW ×40

GALLERIA GAMEMASTER GXの前面端子ベイの下には、前面端子と電源ボタンとリセットボタンがあります。
GALLERIAのロゴやボタン、端子のフチなどが金色になっていてカッコイイ…!
普通のGALLERIAのケースでは金色になっていない(ボタンは黒、端子のフチとロゴは銀色)ので、なんだか特別感がありますよね…!
端子の種類は下記の通りです。

USB 3.0 2
カードリーダー SD/microSDカードリーダー
サウンド マイク入力 x1, ヘッドフォン出力 x1 (ステレオミニプラグ)

GALLERIA GAMEMASTER GXのフロントにある吸気口フロントの下部は吸気口になっていて、ケース内に外の温まっていない空気を取り込むことができます。
内部には12cmの静音ファンと、ホコリの侵入を防止するフィルターが取り付けられています。
また、この吸気口の奥にはストレージ用のベイがあり、HDDやSSDに直接風を当てて冷却することもできます。

GALLERIA GAMEMASTER GXの右側面こちらは「GALLERIA GAMEMASTER GX」の右側面です。
右上にあるのは吸気口で、裏側にあるマザーボードを直接冷却する役割も持っています。

GALLERIA GAMEMASTER GXの左側面「GALLERIA GAMEMASTER GX」の左側面です。
普通のGALLERIAのケースだとここはただの金属パネルなのですが、「GAMEMASTER」シリーズではクリアパネルが採用されています!
PCを起動すればパーツが発光している様子も見れるので、マシーン好きにはたまらないですよね!

GALLERIA GAMEMASTER GXの左側面のパネルただし、左側面をクリアパネルにしたことにより、「GAMEMASTER」シリーズでは吸気口がなくなりました。
また、サイドケースファンも設置できなくなっていますので、PCの冷却を重視する方にはデメリットかもしれませんね。
とは言っても、相当なハイスペックPCでない限り、サイドの吸気口がなくても全く問題ありませんのでご安心ください。

GALLERIA GAMEMASTER GXの上面ケースの上面です。
ここには排気口が設けられていて、CPUや電源、グラフィックカードなどの発熱によって暖められた空気を外に排出してくれます。
後部の排気口には12cmの静音ファンが標準で搭載されているので、ケース内のエアフロー(空気の流れのこと)をより効率的に排出することができますよ。

GALLERIA GAMEMASTER GXの背面背面はこんな感じです。
右上には排気口が設けられていて、上面と同様に12cmの静音ファンが取り付けられています。
また、電源が下部に設置されているのがわかりますね。
電源はケースの上部に設置するよりも下部に設置した方がパソコンの重心も安定しますし、排熱の効率もUPします。

GALLERIA GAMEMASTER GXの背面端子背面の端子はこんな感じ。USBポートも充実しています。
各端子の詳細は下記の通りです。

USB 2.0 2
USB 3.0 4
映像出力 DVI x1, HDMI x1, DisplayPort x3
サウンド マイク入力 x1, ライン入力 x1, ライン出力 x1(ステレオミニプラグ)
LAN 1
PS ⁄ 2 2

GALLERIA GAMEMASTER GXの底面ケースの底面の様子です。
真ん中に大きめの吸気口が設けられています。
四隅にある足はシリコンゴム製なので、凹凸のある床でも安定してPCを設置することができます。
また、駆動中の振動も吸収してくれるので、床ではなく机の上にPCを設置したい方にもオススメです。

GALLERIA GAMEMASTER GX の内部

GALLERIA GAMEMASTER GXの内部(左パネル開放時)今度は「GALLERIA GAMEMASTER GX」の内部を見ていきましょう!
左側面のパネルを開けるとこのようにPC内部の全容が見えます。ハイスペックな構成のPCながら、ケース内のスペースには余裕が感じられます。
配線もとてもキレイですねぇ。これだけキレイにまとめられているので、エアフローに影響が出ることはないでしょう。

GALLERIA GAMEMASTER GXの内部(右パネル開放時)反対側の右側面のパネルを外すとこんな感じ。
こちらからは内部の様子はほとんど見えません。

GALLERIA GAMEMASTER GXのCPUファン(静音パックまんぞくコース)マザーボードの上部に設置されているのは、CPUを冷却するためのCPUクーラーです。
今回搭載されているのは、通常のCPUクーラーよりも冷却性能と静音性が優れている「静音パックまんぞくコース」という高性能なCPUクーラーです。
調べてみたところ、DEEPCOOL(ディープクール)製の「GAMMAXX 400」という型番の製品のようですね。

ドスパラの標準クーラー 静音パックまんぞくコース
ドスパラの標準搭載クーラー(ノーマルCPUファン) 静音パックまんぞくコース

通常、「静音パックまんぞくコース」は有料オプションなのですが、「GALLERIA GAMEMASTER GX」には標準で搭載されています。
標準のクーラーと静音パックまんぞくコースでは、ファンとヒートシンクの大きさが全然違います。
※ドスパラのPCに搭載される標準クーラーは、冷却性能が必要最低限であるリテールクーラー(CPUに付属しているもの)よりも性能が良い製品を採用しています。そのため、今回のようなハイスペックなPCでなければ、標準クーラーでも事足りると思います。

GALLERIA GAMEMASTER GXのメモリスロットとメモリCPUクーラーの右横にはメモリスロットが4つあり、ここに差し込まれている2枚の緑色の板がメモリになります。
スロットはあと2つ空きがあるので、後々メモリを増設することも可能ですね。
メモリスロットの上部のレバーを押すと、簡単にメモリを取り外すことができます。

メモリ(Samsung製 M378A1K43BB2-CRC)今回搭載されていたメモリは、 Samsung(サムスン) 製の「M378A1K43BB2-CRC」という型番のメモリでした。
スペックの詳細は下記の通りです。

容量 16GB(8GB×2枚)
電圧 1.2V
メモリ規格 DDR4 SDRAM
モジュール規格 PC4-19200
チップ規格 DDR4-2400
インターフェイス DIMM

GALLERIA GAMEMASTER GXのグラフィックカードCPUクーラーの下には、グラフィックカードの「NVIDIA GeForce GTX1070 OC 8GB」があります。
今回搭載されていたのは Palit(パリット)の「GeForce GTX 1070 GameRock(NE51070T15P2-1041G)」という製品です。
スペックの詳細は下記の通りですよ。

CUDAコア 1920
メモリ容量 8GB
メモリバス幅 256bit
メモリ種類 GDDR5
グラフィッククロック Base Clock:1556MHz / Boost Clock:1746MHz
メモリクロック 4000MHz (effective 8000MHz)
接続 PCI-E 3.0 x 16
モニタ出力 DVI×1 / HDMI×1 / DisplayPort×3
補助電源 8-pin ×1
消費電力 170W
冷却 ファン

Palit製 GeForce GTX 1070 GameRock(NE51070T15P2-1041G)「GeForce GTX1070 GameRock」をPCから取り出しました。
青×白×黒という爽やかな色合いで、デザインもカッコイイ…!
大きさはFounders Editionのモデルよりも大きく、厚みもあります。

Founders Edition GameRock
GeForce GTX 1070 Founders Edition GeForce GTX 1070 GameRock
267mm x 112mm 285mm x 133mm

GeForce GTX 1070 GameRockのロゴ左下にある「GeForce GTX1070 GameRock」のロゴをズームアップ。
全体的なデザインは爽やかな印象でしたが、ロゴはちょっとパンクな感じがしてまたカッコイイですねぇ…。

GeForce GTX 1070 GameRockの冷却ファン「GeForce GTX1070 GameRock」の冷却ファンは2つ。
ジェットエンジンからヒントを得て設計された「ターボファンブレード」を採用し、直径9cmの大きなファンを2つ搭載することにより、冷却性能は約2倍になっているのだとか。

GeForce GTX 1070 GameRock(PCI-E 3.0 x16がある面)PCI-E 3.0 x16がある方の側面です。
ヒートシンク(銀色の板)とヒートパイプ(銅色の管)が見えますね。
GameRockシリーズでは、フィンを22%増量&GPUとの接触部分を銅ベースにすることにより、より冷却性能を向上させているのだとか。

GeForce GTX 1070 GameRock(補助電源ポートがある面)先ほどと反対側の側面です。
右上に補助電源ポート(8-pin)があるのがわかります。消費電力は170Wです。

GeForce GTX 1070 GameRockのI/OポートI/Oポート部分はDual-Link DVI×1、HDMI×1、DisplayPort×3となっています。
排気口は「ハニカムブラケット構造」という六角形の形状にすることによって、排気の効率がUPしているとのこと。

GALLERIA GAMEMASTER GXの背面「GALLERIA GAMEMASTER GX」の裏面です。
カバーで覆われているので基盤は見えませんね。

GALLERIA GAMEMASTER GXのマザーボード(ASUS製 PRIME H270-PLUS)さて、次はマザーボードです。
今回使用されていたのは、 ASUS(エイスース)製の「PRIME H270-PLUS」という製品です。

GALLERIA GAMEMASTER GXの電源(Enhance製 ATX-1880 Rev)電源はEnhance(エンハンス)製の「ATX-1880 Rev(Titanium 800W Regular)」という製品で、容量は800Wです。
電源の変換効率が90~96%以上の超高性能な電源にしか認定されない「80PLUS TITANIUM」に認定されている電源なので、電気代の節約にもなります。

総出力(電源容量) 800W
認証 80PLUS TITANIUM
対応規格 ATX
ファン 12cm

GALLERIA GAMEMASTER GXのベイ今度はケースの右側にあるベイを見ていきましょう。
「GALLERIA GAMEMASTER GX」のベイの種類と数は下記の通りです。

5インチベイ 5(内1つは3.5インチオープンベイと兼用)
2.5/3.5インチシャドウベイ 5

GALLERIA GAMEMASTER GXの5インチオープンベイベイのスペースの上半分には5インチベイが5つあり、1番上にはDVDスーパーマルチドライブが設置されています。
また、下2段にはマウンターが入っているので、3.5インチベイや2.5インチベイとして使用することも可能です。
ストレージベイが全部埋まってしまっても、ここにHDDやSSDを設置することができるので安心ですね。

GALLERIA GAMEMASTER GXのHDD(SEAGATE製 ST2000DM006)今回搭載されていたHDDは、SEAGATE(シーゲート)製の「ST2000DM006」という製品です。
スペックの詳細は下記の通りです。

容量 2TB
規格 SATA3
転送速度 6Gb/s
回転数 7200rpm
キャッシュ 64MB

GALLERIA GAMEMASTER GX(Crucial製 CT525MX300SSD1)こちらはSSDです。
今回搭載されていたのはCrucial(クルーシャル)製 の「CT525MX300SSD1」という製品でした。
スペックは下記の通りです。

容量 525GB
フォームファクタ 2.5インチ
インターフェース Serial ATA 6.0Gb/s
読込速度 530MB/s
書込速度 510MB/s

GALLERIA GAMEMASTER GX の付属品

「GALLERIA ZG」に付属してくるキーボードとマウスドスパラのGALLERIAシリーズに付属してくる、ゲーミングキーボードとゲーミングマウスです。
無料ながらも機能が充実している製品なので、キーボードやマウスに強いこだわりがなければこれで十二分に事足りてしまいます。
機能の詳細は下記の記事をご覧ください。

>> GALLERIA Gaming keyboardがアツい!!
>> 標準付属のGALLERIA レーザーマウスがスゴイ!

この他には、PCの構成表や取扱説明書、ドライバCD、予備のネジなどが同梱されていました。

GALLERIA GAMEMASTER GX のパフォーマンス・ベンチマーク測定結果

 Intel Core i7-7700 の情報

CPU-Zで測定したIntel Core i7-7700の情報

 NVIDIA GeForce GTX1070 OC 8GB の情報

GPU-Zで測定したNVIDIA GeForce GTX1070 OC 8GBの情報

 SSD 525GB(Crucial製 CT525MX300SSD1)のベンチマーク結果

CrystalDiskMarkで測定したSSD 525GB(Crucial製 CT525MX300SSD1)のベンチマーク結果

 HDD 2TB(SEAGATE製 ST2000DM006)のベンチマーク結果

CrystalDiskMarkで測定したHDD 2TB(SEAGATE製 ST2000DM006)のベンチマーク結果

 オンラインゲーム ベンチマーク結果

「GALLERIA GAMEMASTER GX」でオンラインゲームのベンチマークを測定し、表にまとめました。
※測定はフルHD(1920×1080)で測定しています。

ゲーム 設定 スコア 評価
ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド(Direct11) 標準品質 19855 非常に快適
高品質 15688 非常に快適
最高品質 15363 非常に快適
ドラゴンクエストX 低品質 21222 すごく快適
標準品質 20572 すごく快適
最高品質 20229 すごく快適
ファンタシースター オンライン2 描画3 66757 快適
描画6 40943 快適
ドラゴンズドグマ オンライン 低品質 12142 とても快適
標準品質 12125 とても快適
最高品質 10861 とても快適
バイオハザード6 20055 S
モンスターハンターフロンティアG(第3弾) 35513

>>ベンチマークテストのスコアの目安はこちらの記事を参考にしてください。

ベンチマークテストはどのゲームも非常に優秀なスコアが出ました!
動作中カクつくことは全くなく、細かい影や煙なんかの描写もきちんとできていたので、快適にプレイすることができると思います。

 3DMARK ベンチマーク結果

「GALLERIA GAMEMASTER GX」を3DMARKというベンチマークソフトで測定し、表にまとめました。

テスト スコア
Time Spy 5676
Fire Strike 15333
Sky Diver 32962
Cloud Gate 32176
Ice Storm Extreme 174290
Ice Storm 181922

こちらのテストでも非常に良い成績を残してくれました!

まとめ

「GALLERIA GAMEMASTER GX」は高スペックであることはもちろんのこと、様々なゲームの動作を検証済みであることや手厚いサポート体制が整っていることもあり、『PCやオンラインゲームのことは詳しくないけど、これから挑戦してみたい…!』というゲーミングPC初心者さんにはもってこいな製品だと思います!

また、GAMEMASTERシリーズは「長時間安定して動作すること」に徹底的に拘り抜いて製造されているので、動きの激しいシーンを長時間プレイするプロゲーマーの方にもオススメできるモデルだと言えますね!

以上、「GALLERIA GAMEMASTER GX」のレビューでした!

>> GALLERIA GAMEMASTER GX の価格・詳細はこちら



ドスパラPC 売れ筋&人気ランキング


-----------------------------------------------
1位:GALLERIA XV:★★★★★
-----------------------------------------------
GALLERIA XV

-----------------------------------------------
2位:GALLERIA XT:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA XT

-----------------------------------------------
3位:GALLERIA ZZ:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA ZZ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota

ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota新宿で働くWEBプロデューサー

投稿者プロフィール

ドスパラ評判購入ナビは、ドスパラPCをこよなく愛するmasagorotaが運営する個人サイトです。新宿でWEBプロデューサーとして働きながら、ドスパラ評判購入ナビを運営しておりますので、少々筆が遅いところもありますが、出来うる限り更新していきますので、応援をよろしくお願い致します!ドスパラ評判購入ナビでは、公平な情報を掲載してきます。ドスパラを愛するがゆえの行動ですね。ドスパラ評判購入ナビに是非参加したいという方がいらっしゃいましたら、ページ右上のお問い合わせからご連絡下さい。色々な方とドスパラ評判購入ナビを運営していけたらと考えております。ドスパラ評判購入ナビを今後共よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ドスパラ購入を検討している方へ

ドスパラ評判購入ナビでは、納得してPCを購入したい方を応援しています。PCのカスタマイズに必要な基礎知識については「カスタマイズ攻略法」をご覧下さい。
ドスパラの製品一覧情報を見たい方は、「ドスパラ製品情報」をご確認下さい。

また、目的に合わせたマシンとカスタマイズ例を「目的別おすすめセット」のコーナーでご案内しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ドスパラ評判購入ナビでは、良質な内容を掲載することを目標としております。量より質(内容)というポリシーでやっております。多少、筆が遅いところもありますが、末永く見守って下さい。

皆様のご意見・ご要望を募集しております。ページ上部にある「お問い合わせ」からぜひ、ご連絡下さい。

売れ筋PCランキング

メタボ管理人オススメ

ページ上部へ戻る