GALLERIA GAMEMASTER GXF レビュー!! 新しくなったケースにも注目!

※2018年6月12日レビュー

ケースデザインが新しくなった!GALLERIA GAMEMASTER GXF

ドスパラの人気ゲーミングPCブランド「GALLERIA(ガレリア)」シリーズに新しく仲間入りした上位ブランド「GALLERIA GAMEMASTER(ガレリア ゲームマスター)」が、ケースデザインがリニューアルされて新登場しました!

旧モデルのケースは通常のGALLERIAのケースとほぼ同じデザインでしたが、新モデルはよりスタイリッシュでかっこいいデザインになったのです!

GALLERIA GAMEMASTER 新・旧ケース比較

旧モデルのケース 新モデルのケース
GALLERIA GAMEMASTERの旧ケース GALLERIA GAMEMASTERの新ケース

もちろん、変わったのは見た目だけではなく、冷却性能はそのままに静音性が高くなったとのこと。

今回はそんなGALLERIA GAMEMASTERシリーズの中から、1番スペックの高い「GALLERIA GAMEMASTER GXF」を詳しくレビューして行きたいと思います!

GALLERIA GAMEMASTER とは?

GALLERIA GAMEMASTERシリーズ

そもそも「GALLERIA GAMEMASTER(ガレリア ゲームマスター)」とは、全てのオンラインゲーマーが安心・快適・安定してプレイに集中できるように、高品質なPCの提供とサポート体制を充実させた新しいゲーミングPCブランドです。

2016年8月17日に「GALLERIA Gamemaster」として発表され、2017年3月21日に「GALLERIA GAMEMASTER」としてブランドのロゴを一新し、サポート体制もより手厚くなって再出発。
そして、今年2018年4月3日、『圧力冷却』を採用した新シャーシを使用した新モデルが発表されました。

「でも、普通のGALLERIAと何が違うの…?」と疑問に思われている方も多いと思うので、「GALLERIA GAMEMASTER」シリーズの特徴を下記に簡単にまとめてみました!

①安心の動作保証!40タイトル以上のゲームで動作検証済み!

40タイトル以上のゲーム動作サポート

今までのゲーム推奨モデルPCというのは、「FF14 推奨PC!」「PSO2 推奨モデル!」というように、1つのゲームに対してしか動作保証がされていませんでしたが、「1台のPCで複数のゲームタイトルの動作を保証してほしい…」というユーザーの声から、GAMEMASTERシリーズでは40タイトル以上もの人気ゲーム作品で動作保証がされています!
ゲームの起動はもちろんのこと、アカウントの取得やチュートリアルに至るまで、PCとゲームの知識に長けた専門スタッフが細かく検証しているので、安心してプレイすることができます!

>>サポートしているゲームタイトルの一覧はこちら

②24時間365日のサポート!知識豊富なコンシェルジュが応対!

24時間サポート

故障や動作の不調などのパソコンのトラブルはもちろんのこと、ゲームのダウンロード方法からチュートリアルに至るまで、ユーザーの困りごとを全て解決してくれる手厚いサポート体制!
PCとゲームの知識に長けた専門スタッフが24時間365日いつでも対応してくれるので、初心者さんでも安心してオンラインゲームデビューすることができます!

サポート受付時間

ゲームのサポート対応時間 0:00〜24:00
パソコンのサポート対応時間 9:00〜21:00
休業日 年中無休

③快適なプレイ環境!最新の高性能パーツと適切なスペック!

高性能パーツ搭載で快適なプレイを実現

「GAMEMASTER」シリーズの全モデルが、最新の第8世代のCPUを採用!
さらに、美麗な映像や動きの激しいゲームにも対応できるPalit製の高性能グラフィックカードと、高速な読み出し・書き込みが可能なSSDも標準で搭載しています。
また、メモリにはDDR4-2666の高速メモリを搭載し、タイムラグと無縁な快適プレイを実現します!

④長時間のプレイもOK!高い冷却性と安定の電力供給。静音性もアップ!

高い冷却性と安定した電力供給

長時間ぶっ続けでプレイしがちなオンラインゲームですが、パーツの発熱によってPCには大きな負担がかかってしまいます。
そんな長時間のプレイにも耐えられるように、CPUをに冷却する高性能クーラーを搭載。
また、ケース内外の圧力を利用して熱を押し出す『圧力冷却』を採用する新ケースは、旧型のケースと同等の冷却性能を持ちながら、より密閉した形のため駆動音が外に漏れず、静音性もアップ!
また、パソコンの『心臓』とも言われる電源は、電源効率も高く安定して電源を供給できる「80PLUS TITANIUM」を採用し、ユーザーの快適なプレイをサポートします。

>>GALLERIA GAMEMASTER 公式ページはこちら

GALLERIA GAMEMASTER GXF スペック情報

GALLERIA GAMEMASTER GXF(ガレリア ゲームマスター GXF)
GALLERIA GAMEMASTER GXF
OS Windows10 Home 64bit のインストール
CPU インテル Core i7-8700
(3.20GHz-4.60GHz/6コア/12MBキャッシュ)
CPUファン 静音パックまんぞくコース
(高性能CPUファンで静音化&冷却能力アップ)
CPUグリス 高熱伝導率 ナノダイヤモンドグリス OC7
(20nmの超微細 人工ナノダイヤモンドパウダー含有グリス)
マザーボード インテル H370 チップセット ATXマザーボード
メモリ 8GB DDR4 SDRAM
(PC4-21300/4GBx2/2チャネル)
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX1070Ti 8GB
SSD 500GB
HDD 1TB
光学ドライブ なし
電源 Enhance 600W 静音電源
(80PLUS TITANIUM / ATX-1860)
サイズ 約 210(幅)×490(奥行き)×450(高さ)mm

※その他の構成の詳細はこちらをご参照下さい。

小計(税込) ¥215,978
梱包送料(税込) ¥2,160
保険料(税込) ¥0
合計(税込) ¥218,138

》スペック・価格の詳細を見る

送料も込みで約22万円。
普通のGALLERIAのモデルでほぼ同じようなスペックの「GALLERIA XV」が約19万円(税・送料込み)で販売されていたので、その差額の3万円分がサポート代&高性能パーツ代、ということになっているんでしょうね。

GALLERIA GAMEMASTER GXF の外観

GALLERIA GAMEMASTER GXFの外観
こちらが「GALLERIA GAMEMASTER GXF」です!
シャーシは「ゲームマスター専用GKケース」というATXケースが使用されていて、けっこう大きいです!ただ、旧ケースと比べると奥行きが約30cmほど短くなったので、机の下になどに収めやすくなったように感じます。

GALLERIA GAMEMASTER GXFのフロント部分
「GALLERIA GAMEMASTER GXF」の前面(フロント)部分です。
旧ケースにあった5インチオープンベイと吸気口がなくなり、とてもスッキリとした印象になりました。

GALLERIA GAMEMASTER GXFのスリムベイ
フロントの1番上にはスリムベイがあって、ここにスリム型の光学ドライブを搭載することが可能です。
旧モデルでは5インチのDVDスーパーマルチドライブが標準で搭載されていたのですが、新しいモデルではカスタマイズでも付け加えることができず、自分で準備して設置しなければならないようです。
光学ドライブって意外とないと不便だったりするので、ここは改善してほしいところですね…。

5インチ光学ドライブ スリム光学ドライブ
5インチ 光学ドライブ スリム 光学ドライブ

GALLERIA GAMEMASTER GXFの前面端子
フロント部分の右端には、電源ボタンと前面端子があります。
旧モデルと比べてmicroSDとSDカードのリーダーがなくなった分、USBポートが2つ増えました。
端子の種類は下記の通りです。

USB 3.0 4
サウンド マイク入力 x1, ヘッドフォン出力 x1 (ステレオミニプラグ)

GALLERIA GAMEMASTER GXFの右側面
こちらは「GALLERIA GAMEMASTER GXF」の右側面です。
左部分に空いている穴は吸気口になっていて、この内部には2基のケースファンが搭載されています。

GALLERIA GAMEMASTER GXの左側面のパネル
続いて、「GALLERIA GAMEMASTER GXF」の左側面です。
クリアパネルが採用されていて、PCの中を眺めることができるのがアツいですよね!旧モデルよりもクリアパネル部分が広くなって、より中が見えやすくなっています!

GALLERIA GAMEMASTER GXFの左側面のパネルの外し方
パネルは上部にある2つのつまみを引っ張るだけで簡単に外すことができるので、メンテナンス性もバッチリ!
ねじ回しが不要なのがとっても助かります。

GALLERIA GAMEMASTER GXFの上面
こちらはケースの上面ですが、特に何もありません。
旧モデルのケースにはここに排気口が設けられていましたが、『圧力冷却』を用いている新ケースは冷却効率がアップしているので排熱に問題はありません。
むしろ、ここが塞がれたことで静音性がかなり高くなっています!

GALLERIA GAMEMASTER GXFの背面
背面はこんな感じになっています。
旧モデルでは電源はケース下部に設置されていましたが、新モデルでは他のパーツと隔離するように仕切られたスペースがケース上部に用意されているため、電源の発熱が他のパーツに影響を与えることがなくなりました。

GALLERIA GAMEMASTER GXの背面端子
背面の端子はこんな感じ。USBポートも充実しています。
各端子の詳細は下記の通りです。

USB 2.0 2
USB 3.1 Gen1 x2,  Gen2 x2 (TypeA)
映像出力 DVI x1, HDMI x1, DisplayPort x3
サウンド マイク入力 x1, ライン入力 x1, ライン出力 x1(ステレオミニプラグ)
LAN 1
PS ⁄ 2 1

GALLERIA GAMEMASTER GXFの底面
ケースの底面には、とても大きい給気口が設けられています。
四隅の足はゴムでできているので、駆動中の振動も抑えることができます。

底面の吸気口のフィルターは簡単に取り外せる
ちなみに、底面の吸気口のフィルターは、このように引っ張るだけで簡単に取り外すことができるので、掃除したいときも楽チンです。

GALLERIA GAMEMASTER GXF の内部

GALLERIA GAMEMASTER GXFの内部(左パネル開放時)
次は「GALLERIA GAMEMASTER GXF」の内部を見ていきましょう!
上の写真は、左側面のクリアパネルを開けた状態です。高スペックな構成のPCですが、スペースには余裕が感じられます。
配線も裏配線でとってもキレイです!これならエアフローもバッチリですね。

GALLERIA GAMEMASTER GXFのCPUファン(静音パックまんぞくコース)
マザーボードの上部に設置されているのは、CPUを冷却するためのCPUクーラーです。
今回搭載されていたのは、通常のCPUクーラーよりも冷却性能と静音性が優れている「静音パックまんぞくコース」という高性能なCPUクーラーです。
調べてみたところ、DEEPCOOL(ディープクール)製の「GAMMAXX 400」という型番の製品が使われているようです。

ドスパラの標準クーラー 静音パックまんぞくコース
ドスパラの標準搭載クーラー(ノーマルCPUファン) 静音パックまんぞくコース

低スペック帯のパソコンでは「静音パックまんぞくコース」は有料オプションなのですが、「GALLERIA GAMEMASTER GXF」のように高スペックのPCには標準で搭載されていることが多いです。
標準のクーラーと静音パックまんぞくコースでは、ファンとヒートシンクの大きさが全然違います。
※ドスパラのPCに搭載される標準クーラーは、冷却性能が必要最低限であるリテールクーラー(CPUに付属しているもの)よりも性能が良い製品を採用しています。そのため、今回のようなハイスペックなPCでなければ、標準クーラーでも事足りると思います。

GALLERIA GAMEMASTER GXFのメモリスロットとメモリ
CPUクーラーの右横にはメモリスロットが4つあり、ここに差し込まれている2枚の板がメモリになります。
スロットはあと2つ空きがあるので、後々メモリを増設することも可能ですね。
メモリはメモリスロットの上部にあるレバーを押すと、簡単に取り外すことができます。

メモリ(Samsung製 M378A5244CB0-CTD)
今回搭載されていたメモリは、 Samsung(サムスン) 製の「M378A5244CB0-CTD」という型番のメモリでした。
スペックの詳細は下記の通りです。

容量 8GB(4GB×2枚)
電圧 1.2V
メモリ規格 DDR4 SDRAM
モジュール規格 PC4-21300
チップ規格 DDR4-2666
インターフェイス DIMM

GALLERIA GAMEMASTER GXFのグラフィックカード
CPUクーラーの下には、グラフィックカードの「NVIDIA GeForce GTX1070 Ti」があります。

 Palit製 GeForce GTX 1070 Ti Dual(NE5107T015P2-1043D)
今回搭載されていたのは Palit(パリット)の「GeForce GTX 1070 Ti Dual(NE5107T015P2-1043D)」という製品です。
スペックの詳細は下記の通りですよ。

CUDAコア 2432
メモリ容量 8GB
メモリバス幅 256bit
メモリ種類 GDDR5
グラフィッククロック Base Clock:1607MHz / Boost Clock:1683MHz
メモリクロック 8000MHz
接続 PCI-E 3.0 x 16
モニタ出力 DVI×1 / HDMI×1 / DisplayPort×3
補助電源 8-pin ×1
消費電力 180W
冷却 ファン

GALLERIA GAMEMASTER GXFのマザーボード(ASUS製 PRIME H370-A)
次はマザーボードです。
今回使用されていたのは、 ASUS(エイスース)製の「PRIME H370-A」という製品でした。


ケースの右上には2.5/3.5インチシャドウベイが2つあって、HDDが1台搭載されています。

HDD 1TB(TOSHIBA製 DT01ACA100)
今回搭載されていたHDDは、TOSHIBA(東芝)製の「DT01ACA100」という製品です。
スペックの詳細は下記の通りです。

容量 1TB
規格 SATA3
転送速度 6Gb/s
回転数 7200rpm
キャッシュ 64MB


さて、続いて右側面のパネルを外してみると、電源とSSDはこちら側に格納されています。
裏の配線もキレイにまとめられていますね。

GALLERIA GAMEMASTER GXFの電源(Enhance製 ATX-1860)
電源はEnhance(エンハンス)製の「ATX-ATX-1860(Titanium 600W Regular)」という製品で、容量は600Wです。
電源の変換効率が90~96%以上の超高性能な電源にしか認定されない「80PLUS TITANIUM」に認定されている電源なので、電気代の節約にもなります。

総出力(電源容量) 600W
認証 80PLUS TITANIUM
対応規格 ATX
ファン 12cm

2.5インチシャドウベイ
こちらには2.5インチベイが2つ用意されていて、SSDが1基搭載されています。
今回搭載されていたのはCOLORFUL(カラフル)製 の「SL500 512GB」という製品でした。
スペックは下記の通りです。

容量 512GB
フォームファクタ 2.5インチ
インターフェース Serial ATA 6.0Gb/s
読込速度 530MB/s
書込速度 450MB/s

GALLERIA GAMEMASTER GXF の付属品

GALLERIA Gaming keyboardとGALLERIA Laser MouseドスパラのGALLERIAシリーズに付属してくる、ゲーミングキーボードとゲーミングマウスです。
無料ながらも機能が充実している製品なので、キーボードやマウスに強いこだわりがなければこれで十二分に事足りてしまいます。
機能の詳細は下記の記事をご覧ください。

>> GALLERIA Gaming keyboardがアツい!!
>> 新しくなったGALLERIA レーザーマウスがすごい!無料なのに機能満載!

この他には、PCの構成表や取扱説明書、ドライバCD、予備のネジなどが同梱されていました。

パフォーマンス・ベンチマーク測定結果

Intel Core i7-8700 の情報

Intel Core i7-8700 の情報

NVIDIA GeForce GTX1070 Ti 8GB の情報

NVIDIA GeForce GTX1070Ti 8GB の情報

SSD 512GB(COLORFUL製 SL500 512GB)のベンチマーク結果

SSD 512GB(COLORFUL製 SL500 512GB)のベンチマーク結果

HDD 1TB(TOSHIBA製 DT01ACA100)のベンチマーク結果

HDD 1TB(TOSHIBA製 DT01ACA100)のベンチマーク結果

オンラインゲーム ベンチマーク結果

「GALLERIA GAMEMASTER GXF」でオンラインゲームのベンチマークを測定し、表にまとめました。
※測定はフルHD(1920×1080)で測定しています。

ゲーム 設定 スコア 評価
ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド(Direct11) 標準品質 19538 非常に快適
高品質 16131 非常に快適
最高品質 15500 非常に快適
ドラゴンクエストX 低品質 22548 すごく快適
標準品質 21930 すごく快適
最高品質 21781 すごく快適
ファンタシースター オンライン2 描画3 112567 快適
描画6 66384 快適
ドラゴンズドグマ オンライン 低品質 15218 とても快適
標準品質 15188 とても快適
最高品質 14738 とても快適
モンスターハンターフロンティアG(第3弾) 42485

>>ベンチマークテストのスコアの目安はこちらの記事を参考にしてください。

ベンチマークテストはどのゲームも非常に優秀なスコアが出ました!
安定した動作と細かい描写もヌルヌル動いていたので、快適にプレイすることができると思います。

3DMARK ベンチマーク結果

「GALLERIA GAMEMASTER GXF」を3DMARKというベンチマークソフトで測定し、表にまとめました。

テスト スコア
Time Spy 6798
Fire Strike 17900
Sky Diver 41597
Cloud Gate 41466
Ice Storm Extreme 191056
Ice Storm 198170

こちらのテストでも非常に良い成績を残してくれました!

まとめ

「GALLERIA GAMEMASTER GXF」はGALLERIA GAMEMASTERシリーズの中でも1番スペックの高いモデルなだけあって、最高品質に設定してもオンラインゲームのプレイは余裕を持って処理することができます。

様々なゲームの動作を検証済みであることや手厚いサポート体制が整っていることもあり、『PCやオンラインゲームのことは詳しくないけど、ハイスペックPCで無双してみたい…!』という方はぜひ。

また、管理人が個人的に驚いたのが、静音性の高さです!
ベンチマークをガンガン回しているときでも、ファンの回転音がほとんど聞こえない。ケースに耳が付きそうになるぐらいまで近づいて、初めて駆動音が確認できるほどでした。

これなら夜遅くまでプレイしていても、家族に迷惑をかけずに済みそうです…!

以上、「GALLERIA GAMEMASTER GXF」のレビューでした!

》スペック・価格の詳細を見る



ドスパラPC 売れ筋&人気ランキング


-----------------------------------------------
1位:GALLERIA XV:★★★★★
-----------------------------------------------
GALLERIA XV

-----------------------------------------------
2位:GALLERIA XT:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA XT

-----------------------------------------------
3位:GALLERIA ZZ:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA ZZ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota

ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota新宿で働くWEBプロデューサー

投稿者プロフィール

ドスパラ評判購入ナビは、ドスパラPCをこよなく愛するmasagorotaが運営する個人サイトです。新宿でWEBプロデューサーとして働きながら、ドスパラ評判購入ナビを運営しておりますので、少々筆が遅いところもありますが、出来うる限り更新していきますので、応援をよろしくお願い致します!ドスパラ評判購入ナビでは、公平な情報を掲載してきます。ドスパラを愛するがゆえの行動ですね。ドスパラ評判購入ナビに是非参加したいという方がいらっしゃいましたら、ページ右上のお問い合わせからご連絡下さい。色々な方とドスパラ評判購入ナビを運営していけたらと考えております。ドスパラ評判購入ナビを今後共よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ドスパラ購入を検討している方へ

ドスパラ評判購入ナビでは、納得してPCを購入したい方を応援しています。PCのカスタマイズに必要な基礎知識については「カスタマイズ攻略法」をご覧下さい。
ドスパラの製品一覧情報を見たい方は、「ドスパラ製品情報」をご確認下さい。

また、目的に合わせたマシンとカスタマイズ例を「目的別おすすめセット」のコーナーでご案内しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ドスパラ評判購入ナビでは、良質な内容を掲載することを目標としております。量より質(内容)というポリシーでやっております。多少、筆が遅いところもありますが、末永く見守って下さい。

皆様のご意見・ご要望を募集しております。ページ上部にある「お問い合わせ」からぜひ、ご連絡下さい。

売れ筋PCランキング

メタボ管理人オススメ

ページ上部へ戻る