「GALLERIA XG」レビュー!! 超話題のグラフィックカードGTX 1080搭載

※2016年6月23日レビュー

▼GALLERIA XG のスペック情報
▼GALLERIA XG の外観
▼GALLERIA XG の内部
▼GALLERIA XG の付属品
▼GALLERIA XG のパフォーマンス・ベンチマーク測定結果
▼まとめ

今回は2016年5月27日に発売したばかりの新モデル「GALLERIA XG」のレビューをしていきます!

このモデルは、同日に発売解禁されたグラフィックカード『NVIDIA GeForce GTX 1080』を搭載した最新モデルです!

「GTX 1080」と言えば、前モデルのハイエンドグラフィックカード「GTX TITAN X」の約2倍もの性能を誇り、かつ電力効率は約3倍という常軌を逸した高性能ぶりが話題になりました!

しかも、価格は 「GTX TITAN X」 よりも3割程度安いというから驚きです!
まさに“化物”という名がふさわしいグラボだと言えますね!

ドスパラのゲーミングPC性能表そんな事情があり、ドスパラで販売しているゲーミングPCの性能表を見てみると、 「GTX 1080」 を搭載しているPCは 「GTX TITAN X」 搭載PCよりも性能が高いにも関わらず、5.6万円ほど安く購入できるようになっているんです。

(表の上に位置しているモデルの方が価格が安いってなんだか新鮮…)

さて、前置きはこのくらいにしておきまして、スペックの詳細からご紹介していきますよ!
 

■「GALLERIA XG」スペック情報

GALLERIA XG
GALLERIA XG
OS Windows10 Home 64bit のインストール
CPU インテル Core i7-6700 プロセッサー
(クアッドコア, 定格 3.40GHz, ターボ・ブースト時最大 4.00GHz,
8MB L3 キャッシュ, インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
CPUファン ノーマルCPUファン
CPUグリス ノーマルグリス
マザーボード インテル H170 チップセット搭載 ATX マザーボード
メモリ 8GB PC4-17000
(DDR4 SDRAM, 4GBx2, デュアルチャネル, 最大 64GB)
SSD 【無料プレゼント中】Crucial SSD 480GB BX200シリーズ
HDD 【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックカード 【静音&準無音FAN搭載】NVIDIA GeForce GTX1080 8GB GDDR5X
(3スロット使用/DVI x1, HDMI x1, DisplayPort x3)
電源 Enhance 800W 電源 (80PLUS GOLD / EPS-1780GA1)
サイズ 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm

※その他の構成の詳細はこちらをご参照下さい。

上記のスペックは標準モデルそのままのものでして、カスタマイズ変更を加えていません。
気になる金額は下記の通りですよ。

小計(税込) ¥226,778
梱包送料(税込) ¥2,160
保険料(税込) ¥0
合計(税込) ¥228,938

むむむ…!これは安い…!!
一見お値段が張るように見えますが、このスペックでこの金額ならお買い得だと思います!
最新の第6世代CPUや高性能グラフィックカード「GTX1080」、大容量HDDを搭載し、しかも480GBのクルーシャル製SSDまで付属(2016年6月23日時点)してくることを踏まえると、他メーカーよりも1~3万円ほど安く購入できるようですね!
 

■「GALLERIA XG」の外観

GALLERIA XGが届きましたさて、待ちに待った「GALLERIA XG」が届きました…!
ATXケースを使用しているモデルなので、やはりダンボールはかなり大きいです。
女性やお子さんが1人で動かすには結構苦労する大きさだと思います。

GALLERIA XGのダンボール開封ダンボールを開けるとこんな感じで梱包されています。
大きな偏りや傷などはなく、安心しました。

GALLERIA XGを梱包しているクッション材クッション材は1番厚い部分で約3.3cmもあるので、運送中の衝撃や揺れをしっかり吸収してくれます。
梱包がちゃんとしていないとPCの中のパーツが外れてしまったり、最悪故障してしまう場合もあるので重要なポイントです。

GALLERIA XGの外観さて、「GALLERIA XG」を取り出しました!
筐体は「ガレリア専用KTケース ブラック」というATXケースを採用しています。
鈍く黒光りするボディで、とてもシンプルなデザインですね。
このケースはゲーミングPC用として冷却性能と剛性、拡張性にこだわって開発されたものなので、大きさはかなり大きいです。

GALLERIA XGとMonarch MXの大きさ比較私が普段仕事で使用している 「Monarch MX(右)」と 「GALLERIA XG(左)」を並べてみました。
「Monarch MX」も同じATXケースなんですが、 「GALLERIA XG」 の方が一回り大きいです!
購入する際には設置予定場所に置けるかどうか、必ずチェックしてくださいね!

GALLERIA XGの正面(フロント)部分。「GALLERIA XG」を正面から見た写真です。

GALLERIA XGのDVDスーパーマルチドライブ(HLDS製のGH24NSD1)正面の上部(5インチベイの1番上)に搭載されているのは、DVDスーパーマルチドライブです。
今回搭載されていたDVDスーパーマルチドライブは、HLDS製の「GH24NSD1」という製品のバルク品ですね。
スペックは下記の通りですよ。

書き込み DVD±R ×24/ DVD±R DL ×8/ DVD-RW ×6/ DVD+RW ×8/ DVD-RAM ×5/ CD-R ×48/ CD-RW ×24
読み出し DVD-ROM ×12/ DVD-ROM DL ×12/ DVD±R ×16/ DVD±R DL ×12/ DVD±RW ×13/ DVD-RAM ×5/ CD-ROM ×48/ CD-R ×48/ CD-RW ×40

GALLERIA XGの5インチベイDVDスーパーマルチドライブの下には、使用されていない5インチベイが4つ(内1つは3.5インチオープンベイと兼用)あります。

GALLERIA XGの前面端子前面端子はご覧の通りです。
SDカードとmicroSDカードのリーダーが標準で付いているのは、個人的に嬉しいポイントですね!
端子の詳細は下記の通りですよ。

USB 3.0 2
カードリーダー SD/microSDカードリーダー
サウンド マイク入力 x1, ヘッドフォン出力 x1 (ステレオミニプラグ)

GALLERIA XGの正面下部の吸気口正面下部のメッシュ部分は吸気口になっていて、 この内部には12cmの静音ファンが搭載されています。
ここからケース内に冷たい空気を取り込んで、ケース内の温度を下げることができます。
また、このすぐ裏側にはストレージ用のベイがあるので、HDDやSSDを直接冷却することもできるようになっていますよ。

GALLERIA XGの右側面続いて、こちらは右側面です。
右上に控えめな穴が空いているのがわかります。

GALLERIA XGの右側面にある吸気口こちらも吸気口になっていて、ケース内に冷たい空気を取り込むことができます。
また、この吸気口の裏にはマザーボードがあって、直接冷却する役割も担っています。
マザーボードの温度を低く抑えることで部品の劣化を防ぎ、パーツの長寿命化と安定した動作を見込むことができますよ。

GALLERIA XGの左側面今度は左側面です。
こちらには右側面よりも大きな穴が空いているのがわかりますね。

GALLERIA XGの左側面にある吸気口こちらも右側面と同様に吸気口になっています。
ここにはカスタマイズ選択でサイドケースファンを設置することも可能で、CPUやグラフィックカードを直接冷却することもできるんです。

デジノスサポートセンターの電話番号とモデル名が表記されたシール左側面の右上には、デジノスサポートセンターの電話番号とモデル名が表記されたシールが2枚貼られています。
サポートセンターの受付は9:00~21:00(年中無休)で、料金も通話料以外は発生しません。
PCの使用中にトラブルや疑問点などが発生してもすぐに問い合わせることができるので安心ですよね。
また、比較的遅い時間までやっているのが仕事で忙しい現代人にも好印象だと思います!

GALLERIA XGの上面ケースの上面です。
ここも広い範囲に穴が空いているのがわかります。

GALLERIA XGの排気口こちらは排気口になっています。
温かい空気は上に行く特性を利用して、ここからケース内の熱を排出させるようになっています。
また、この排気口の裏側には12cmの静音ファンが標準で取り付けられているので、排熱効率がさらにUPしていますよ!

GALLERIA XGの背面ケースの背面はこんな感じ。
右上の穴は上面と同様に排気口になっていて、内部にも12cmの静音ファンが取り付けられています。

GALLERIA XGの背面端子背面のポートはご覧の通りです。種類や数などは標準的ですね。
各ポートの詳細は下記の通りです。

USB 2.0 2
USB 3.0 3 (Type A x2+ Type C x1)
映像出力 DVI x1, HDMI x1, DisplayPort x3
サウンド マイク入力 x1, ライン入力 x1, ライン出力 x1(ステレオミニプラグ)
LAN 1
PS ⁄ 2 キーボード x1, マウス x1

GALLERIA XGの底面最後に、ケースの底面です。
ここにも中央に吸気口が設けられています。

GALLERIA XGの底面四隅にあるゴム足四隅にある足はゴム製になっているので、滑り止めの役割と駆動中の振動を吸収してくれる役割を担っています。
 

■「GALLERIA XG」の内部

GALLERIA XGの内部さて、ケースの左パネルを開けました!今度は内部を詳しく見ていきますよ!
まずパネル開けた時に思ったことは、配線がとても丁寧だということ。
キレイにまとめられているので、エアフローの邪魔になることはなさそうですね。

GALLERIA XGのCPUクーラー(DEEPCOOL製)こちらはCPUクーラーです。
今回は標準付属のクーラーのままですが、できればカスタマイズ変更で「静音パックまんぞくコース」のいずれかにグレードアップさせたほうが良いと思います。
また、その際はグリスも一緒に高性能なものに変更すると、さらに冷却効率が高まりますよ。

CPUクーラーのヒートシンクファンの裏に見える、この銀色の板がヒートシンクになります。
目視はできませんが、さらにこの裏にCPUが取り付けられています。
CPUの熱をヒートシンクが吸収・放熱し、ファンが風を送り込むことで冷却しているんです。

GALLERIA XGのメモリCPUクーラーの右側にあるのが、メモリを挿すスロットです。
ここに刺さっている緑色の2枚の板がメモリですね。

GALLERIA XGのメモリ(Crucial製のCT4G4DFS8213.C8FAR2)今回搭載されていたメモリは、Crucial(クルーシャル)製の4GB×2枚です。
CT4G4DFS8213.C8FAR2」という型番のメモリのようですね。
時期によってはメーカーが変更される場合がありますので、ご注意ください。
スペックの詳細は下記の通りです。

容量 8GB(4GB×2枚)
電圧 1.2V
メモリ規格 DDR4 SDRAM
モジュール規格 PC4-17000
チップ規格 DDR4-2133

GALLERIA XGのグラフィックカード(NVIDIA GeForce GTX1080)CPUファンの下部にあるのは、今回の主役であるグラフィックカード「NVIDIA GeForce GTX1080」です!
かなり大きいので、ケース内でもひときわ存在感を放っています…!
大きめのATXケースであるにも関わらず、横幅が結構ギリギリですね。

今回搭載されていたのは、Palit(パリット)製の「GeForce GTX 1080 JetStream(NEB1080015P2-1040J)」という製品です。
スペックの詳細は下記の通りですよ。

メモリ容量 8G
メモリバス幅 256bit
メモリ種類 GDDR5X
コアクロック / メモリクロック 1607MHz / 10000MHz
接続 PCI-E 3.0 x 16
モニタ出力 Dual-link DVI-D×1 / HDMI×1 / DisplayPort×3
消費電力 180W
冷却 ファン

Palit製NVIDIA GeForce GTX1080 JetStream「GTX 1080」 を取り出してみました!
シンプルなデザインでかっこいいですよね…!
この面はPCに設置した時は下になりますよ。

NVIDIA GeForce GTX1080 JetStreamのロゴ中央下部にあるロゴをズームアップ。
「JetStream 風」 とは、Palit製のハイエンドグラフィックカードに搭載されるオリジナルクーラーのことです。
冷却性能が高いことはもちろん、GPUの温度が50℃以下になる低負荷時に搭載されている2つのファンが自動的に止まり、静音性に配慮してくれるという嬉しい性能も備えています。
(設定で常時回転するように変更することも可能ですよ。)

NVIDIA GeForce GTX1080 JetStreamの冷却ファン2つあるファンの直径は10cm。
このファンはジェットエンジンからヒントを得て設計されたらしく、強力な風圧と空気の流れを発生させることが可能とのこと。
ファンの奥にあるヒートシンク(銀色の板)に風を当てることで、グラフィックカードを冷却させます。

GALLERIA XGの側面(補助電源ポートがある面)側面はこんな感じ。
ヒートシンクにヒートパイプ(銅色の管のようなもの)が這わされているのがわかりますね。
ヒートパイプが受け取った熱をヒートシンクに流すため、このような構造になっているんですよ。

NVIDIA GeForce GTX1080 JetStreamの両端両端を見ると、どのようにヒートパイプが通っているのかがわかっていただけるんじゃないでしょうか?

NVIDIA GeForce GTX1080 JetStreamの裏面裏面はこんな感じ。
PCに設置する時は、この面が上にくるようになりますよ。
グラフィックカードの解説はこんなところでしょうか?

GALLERIA XGのマザーボード(ASUS製のH170-PRO)さて、話は変わりまして、マザーボードです。
今回使用されていたのは、 ASUS(エイスース)製の「H170-PRO」です。
これも時期によってメーカーが変更になる可能性がありますので、あくまで参考までにどうぞ。

GALLERIA XGの残りの拡張スロットグラフィックカードの下にある、拡張スロットの残りです。
3スロット残っていますが、グラフィックカードが場所を取っているためにスペースはやや狭いです…。

GALLERIA XGの電源(Enhance製のEPS-1780GA1 Rev2)電源はEnhance(エンハンス)製の800Wのもので、「EPS-1780GA1 Rev2」という製品のようです。
電源の変換効率が90%以上の優良な電源にしか認定されない「80PLUS GOLD」に認定されている電源なので、電気代の節約にも大きく繋がります。

このケースでは電源は下部に設置するタイプですね。
電源を上部に設置するタイプのケースもありますが、下部に置いた方がパソコンの重心が安定しますし、排熱の効率も良くなります。
電源のスペックは下記の通りです。

総出力(電源容量) 800W
認証 80PLUS GOLD
対応規格 EPS
搭載ファン 13.5cm

GALLERIA XGのベイさて、今度はケースの右側にあるベイを見ていきましょう!
ベイの種類と数は下記の通りです。

5インチベイ 5
2.5/3.5インチシャドウベイ 5

GALLERIA XGの5インチベイ内部こちらは5インチベイです。
5つある内の1つはすでにDVDスーパーマルチドライブで埋まっているので、残り4つです。

GALLERIA XGの5インチベイに入っていたマウンター5インチベイの下2段にはこのマウンターが入っていて、3.5インチベイまたは2.5インチベイとしても使用することが可能です。

マウンターにHDDとSSDを設置してみた様子このように、HDDやSSDを設置することができます。
ストレージベイが全部埋まってしまった時も安心ですね!

GALLERIA XGの2.5/3.5インチシャドウベイ5インチベイの下にある、2.5インチと3.5インチ兼用のシャドウベイ。
HDDとSSDが1台ずつ搭載されているので、残りのベイは3つです。

GALLERIA XGのHDD(SEAGATE製のST2000DM001)今回搭載されていたHDDは、SEAGATE(シーゲート)製の「ST2000DM001」という製品です。
スペックの詳細は下記の通りです。

容量 2TB
規格 SATA3
転送速度 6Gb/s
回転数 7200rpm
キャッシュ 64MB

GALLERIA XGのSSD(Crucial製のCT480BX200SSD)こちらはSSDです。
Crucial(クルーシャル)製 の「CT480BX200SSD」という製品です。
スペックは下記の通りですよ。

容量 480GB
フォームファクタ 2.5インチ
インターフェース Serial ATA 6.0Gb/s
読込速度 540MB/s
書込速度 490MB/s

 

■「GALLERIA XG」の付属品 

GALLERIA Gaming Keyboardまず、付属品の1つ目は、ガレリア専用のキーボードです。
その名も「GALLERIA Gaming Keyboard」!
無料でもらえるキーボードながら、最大24キー同時押し対応、滑らかにタイピングできるプランジャー搭載、さらに、ゲームのプレイ中に押し間違えることが多いWindowsキーなどを無効化にできる「ゲーミングモード」搭載などなど、本当に素晴らしいキーボードです!
「GALLERIA Gaming Keyboard」 の詳細知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

>> GALLERIA Gaming keyboardがアツい!!

GALLERIA レーザーマウス付属品2つ目はマウスです。
このマウスも無料で付属してくるガレリア専用のゲーミングマウスなんですが、けっこう機能が充実しています。
解像度を3段階変更させる(ポインタが動く速さを変えられる) ことができたり、両側面に付いているボタンにお好みの操作を割り当てることができたりするので、結構重宝します。
「GALLERIA レーザーマウス」の詳細知りたい方は、下記の記事を参考にしてください。

>> 標準付属のGALLERIA レーザーマウスがスゴイ!

GALLERIA XGの構成表や取扱説明書、ドライバーDVD、予備用のネジあとは、「GALLERIA XG」の構成表や取扱説明書、ドライバーDVD、予備用のネジなどが同梱されていましたよ。
 

■「GALLERIA XG」のパフォーマンス・ベンチマーク測定結果

★Intel Core i7-6700 の情報

CPU-Zで測定したIntel Core i7-6700の情報

★NVIDIA GeForce GTX1080 8GB の情報

GPU-Zで測定したNVIDIA GeForce GTX1080 8GBの情報

★SSDのベンチマーク結果

CrystalDiscMarkで測定したSSD(Crucial製CT480BX200SSD)の測定結果

★HDDのベンチマーク結果

CrystalDiscMarkで測定したHDD(SEAGATE製のST2000DM001)の測定結果

★ドラゴンクエストX ベンチマーク結果

GALLERIA XGのドラゴンクエストXベンチマーク結果1

解像度 1280×720
標準品質 最高品質
18254 18826
すごく快適 すごく快適

GALLERIA XGのドラゴンクエストXベンチマーク結果2

解像度 1920×1080
標準品質 最高品質
19865 19555
すごく快適 すごく快適

★ファンタシースターオンライン2 ベンチマーク結果

GALLERIA XGのファンタシースターオンライン2ベンチマーク結果1

解像度 1280×720
標準品質 最高品質
51524 43229
快適に動作する 快適に動作する

GALLERIA XGのファンタシースターオンライン2ベンチマーク結果2

解像度 1920×1080
標準品質 最高品質
51404 31496
快適に動作する 快適に動作する

 

■まとめ

発売されたばかりの最新グラフィックカード「GTX 1080」。
想像を絶するほどの高性能っぷりだということで発売前からネット上はザワつきまくっていたんですが、今回使用してみて、本当に期待を裏切らない性能だったと思います。

ベンチマーク中はカクついたり止まったりすることは全く無く、もうヌルっヌルに動いていましたね。
今まで見えなかった細かい影や粉塵などの描写を完璧に表現できていて、とにかくグラフィックの美しさに感動してしまいました。

これまで最高の性能を誇っていたグラフィックカード「GTX TITAN X」よりも性能が高く、消費電力も少ない。
それに加え安価であるということを考えると、本当にスゴイものが出てきてしまったなと…。

グラフィックカード以外も、CPUは最新の第6世代のi7ですし、HDDは2TBという大容量、さらに480GBのSSD搭載(2016年6月23日時点)という高性能なパーツがそろっています。

もし予算に余裕があれば、CPUファンとグリスをグレードアップ+メモリを8GBから16GBに増やすと、より快適なゲーミングライフをおくれるでしょうね!

以上、「GALLERIA XG」のレビューでした!

 



ドスパラPC 売れ筋&人気ランキング


-----------------------------------------------
1位:GALLERIA ZV:★★★★★
-----------------------------------------------
GALLERIA ZV

-----------------------------------------------
2位:GALLERIA ZJ:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA ZJ

-----------------------------------------------
3位:GALLERIA ZZ:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA ZZ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota

ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota新宿で働くWEBプロデューサー

投稿者プロフィール

ドスパラ評判購入ナビは、ドスパラPCをこよなく愛するmasagorotaが運営する個人サイトです。新宿でWEBプロデューサーとして働きながら、ドスパラ評判購入ナビを運営しておりますので、少々筆が遅いところもありますが、出来うる限り更新していきますので、応援をよろしくお願い致します!ドスパラ評判購入ナビでは、公平な情報を掲載してきます。ドスパラを愛するがゆえの行動ですね。ドスパラ評判購入ナビに是非参加したいという方がいらっしゃいましたら、ページ右上のお問い合わせからご連絡下さい。色々な方とドスパラ評判購入ナビを運営していけたらと考えております。ドスパラ評判購入ナビを今後共よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ドスパラ購入を検討している方へ

ドスパラ評判購入ナビでは、納得してPCを購入したい方を応援しています。PCのカスタマイズに必要な基礎知識については「カスタマイズ攻略法」をご覧下さい。
ドスパラの製品一覧情報を見たい方は、「ドスパラ製品情報」をご確認下さい。

また、目的に合わせたマシンとカスタマイズ例を「目的別おすすめセット」のコーナーでご案内しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ドスパラ評判購入ナビでは、良質な内容を掲載することを目標としております。量より質(内容)というポリシーでやっております。多少、筆が遅いところもありますが、末永く見守って下さい。

皆様のご意見・ご要望を募集しております。ページ上部にある「お問い合わせ」からぜひ、ご連絡下さい。

ドスパラ評判購入ナビお知らせ

  1. 2018/5/16

    ドスパラ製品情報の記事が更新されました。
  2. 2018/3/21

    GALLERIA ZT 8700レビュー!! 人気No.2のGTX1060 6GB搭載PC!!の記事が掲載されました。
  3. 2018/3/17

    【初心者向け】通販サイトでビットコイン決済をする方法【ビットフライヤー】の記事が掲載されました。
  4. 2018/3/12

    ドスパラ製品情報の記事が更新されました。
  5. 2018/2/8

    ドスパラ製品情報の記事が更新されました。
過去の記事

メタボ管理人オススメ

ページ上部へ戻る