「Monarch LK」レビュー!! エアフローと拡張性に優れたケース「SR598M」採用

※2016年4月8日レビュー

▼Monarch LK のスペック情報
▼Monarch LK の外観
▼Monarch LK の内部
▼Monarch LK の付属品
▼Monarch LK のパフォーマンス・ベンチマーク測定結果
▼まとめ

ドスパラの中でも、「GALLERIA(ガレリア)」に次ぐ人気を誇るデスクトップPC、「Monarch(モナーク)」シリーズ。

価格を抑えつつも高い性能と拡張性に優れるこのシリーズは、ビジネス用途からゲーム用途まで、幅広いユーザーに愛されています。

Monarchシリーズはスペックによってケースが2種類あるそんな「Monarch」シリーズですが、実は同じシリーズでもケースが2種類に別れていることはご存知でしょうか?

以前レビューをした「Monarch MX」は、右の画像の左側のケースを使用したモデルでした。

右の性能表を見てわかる通り、どうやら性能の高低によってどちらのケースになるか決まっているようなんですが、もう一方のケースを採用しているPCはどんなものなんでしょうかね?

ということで、今回は画像右側のケースを採用している「Monarch LK」のレビューを行いますよ!

まずはスペック情報からご覧ください。
 

■「Monarch LK」スペック情報

Monarch LK
Monarch LK
OS Windows 10 Home 64bit のインストール
CPU インテル Core i7-6700K
(クアッドコア/HT対応/定格4.00GHz/TB時最大4.20GHz/L3キャッシュ8MB)
CPUファン 静音パックまんぞくコース
(高性能CPUファンで静音化&冷却能力アップ)
CPUグリス ノーマルグリス
マザーボード インテル Z170 チップセット ATXマザーボード
メモリ 8GB DDR4 SDRAM
(PC4-17000/4GBx2/デュアルチャネル)
HDD 【1TBから無料アップグレード中】
【SATA3】 2TB HDD (SATA6Gb/s対応)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
グラフィック インテル HDグラフィックス530(内蔵CPU)
電源 700W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
サイズ 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm

※その他の構成の詳細はこちらをご参照下さい。

上記のスペックは標準モデルそのままのものでして、今回はカスタマイズ変更を加えていません。
気になる金額は下記の通りですよ。

小計(税込) ¥118,778
梱包送料(税込) ¥2,160
保険料(税込) ¥0
合計(税込) ¥120,938

オーバークロックが行えるKナンバーの最新第6世代CPUを採用していながらも、お得な値段になっていますね。
HDDも今(2016年4月8日時点)なら1TBから2TBへ無料でアップグレードしてくれるので、購入を検討しているならキャンペーン中に決めたいところです。
 

■「Monarch LK」の外観

Monarch LKが届きましたさて、「Monarch LK」が届きましたよ!
ATXケースなので、ダンボールはかなり大きいです。
初めて注文される方はきっとびっくりすると思います。

Monarch LKのダンボール開封ダンボールを開けてみると、こんな感じで梱包されていますよ。

Monarch LKを梱包しているクッション材クッション材はこんなに厚いものが使用されているので安心です。
捨てるときに苦労するかもしれませんが、輸送中の揺れでパーツが外れてしまったり故障してしまったりするの防ぐために、念を入れた梱包をドスパラはしている訳ですね。

Monarch LKの外観さて、ダンボールから取り出しましたよ!
ATXケースなだけあって、やはり大きいですね…!
鈍く黒光りするシンプルなボディで、表面はちょっとザラついた加工が施されています。
そのため指紋が付いても目立ちません。

Monarch LKとMonarch MXの大きさ比較以前購入した同シリーズ「Monarch MX(右)」と比べてみると、「Monarch LK(左)」の方が一回り大きいですね!
「Monarch MX」で採用されている「EA041」というケースは、性能がローエンド~ミドルレンジのPCに使われるケースのようです。
対して「Monarch LK」で採用されている「SR598M」というケースは、ミドルレンジ~ハイエンドのPCに使用されるようで、エアフローや拡張性はこちらの方が優れています。

Monarch LKの正面(フロント)部分さて、「Monarch LK」を真正面から見ていきましょう!

Monarch LKのDVDスーパーマルチドライブ(HLDS製のGH24NSD1)ケースの上部(5インチベイの1番上)に搭載されているのは、DVDスーパーマルチドライブです。
今回搭載されていたDVDスーパーマルチドライブは、HLDS製の「GH24NSD1」という製品のバルク品ですね。
スペックは下記の通りですよ。

書き込み DVD±R ×24/ DVD±R DL ×8/ DVD-RW ×6/ DVD+RW ×8/ DVD-RAM ×5/ CD-R ×48/ CD-RW ×24
読み出し DVD-ROM ×12/ DVD-ROM DL ×12/ DVD±R ×16/ DVD±R DL ×12/ DVD±RW ×13/ DVD-RAM ×5/ CD-ROM ×48/ CD-R ×48/ CD-RW ×40

Monarch LKの5インチベイDVDスーパーマルチドライブの下には、使用されていない5インチベイが4つあります。
ベイの蓋はメッシュになっているため、通気性バツグンです。

Monarch LKの前面端子前面端子はこんな感じです。USBポートが充実していて助かりますね。
詳しくは下記の通りですよ。

  1. USB2.0×2
  2. USB3.0×2
  3. ヘッドフォン出力
  4. マイク入力
  5. リセットボタン
  6. 電源ボタン

電源ボタンとリセットボタンは、押した時に「カチッ」とした感触がしっかり味わえる作りになっているので、安心感があります。
たまに「カチッ」という感触がないボタンのケースがあるんですが、ちゃんと押せているのか不安になるんですよね…。

Monarch LKの前面にある吸気口前面端子の下部にあるメッシュ部分は吸気口になっていて、内部にはケースファンが搭載されています。
このすぐ裏側にはストレージ用のベイがあるので、HDDやSSDを直接冷却することができるようになっていますよ。

Monarch LKの右側面こちらはケースの右側面です。
右上に小さな吸気口があるのがわかります。

Monarch LKの右側面にある吸気口この吸気口はケース内に冷たい空気を取り込むという役割の他に、すぐ裏側にあるマザーボードを直接冷却するという役割も果たしています。

Monarch LKの左側面今度はケースの左側面です。
こちらは右側面と違い、ずいぶんと大きな吸気口が設けられています。

Monarch LKの左側面の吸気口今回はしていませんが、この吸気口にはカスタマイズ変更でサイドケースファンを増設することが可能です。
今回のスペックでは増設する必要はないと思いますが、これからグラフィックカードやストレージなどの増設を考えている場合は、ケースファンを設置しておけばより安心ですよね。

デジノスサポートセンターの電話番号とモデル名が表記されたシール右上にはサポートセンターの案内とロゴシールが貼られています。
何かトラブルが発生した際もすぐ連絡できるので安心ですよね!
サポートセンターの評判も良く、私も一度初期不良の相談で電話したことがあったのですが、とても親切に接してくれましたよ。
対応もとても早かったので大満足です。
受付は9:00~21:00(年中無休)で、料金も通話料以外は発生しません。

Monarch LKの上面ケースの上面はこんな感じになっています。
こちらには大きな排気口が設けられていまして、ケース内の熱い空気を排出する役割をもっています。
ケースファンも標準で搭載されているので、より排熱が捗りますね!

Monarch LKの背面ケース背面はこのようになっています。
右上の排気口には、ちゃんとリアケースファンが搭載されていますよ。

Monarch LKの背面端子背面端子はこのようになってます。
USB3.0ポートがかなり充実しているので、接続する場所が足りなくなることはまずないんじゃないでしょうか?
詳しくは下記の通りですよ。

USB3.0 6
映像出力 DVI x1, HDMI x1
サウンド マイク入力 x1, ライン入力 x1, ライン出力 x1(ステレオミニプラグ)
LAN 1
PS ⁄ 2 キーボード x1, マウス x1

Monarch LKの底面ケースの底面です。
真ん中のメッシュ部分は吸気口になっています。

Monarch LKの底面四隅にあるゴム足四隅に付いている足はゴム製なので、駆動中の振動を吸収してくれます。
 

■「Monarch LK」の内部

Monarch LKの内部さて、左側面のパネルを開け、内部の様子を見ていきましょう!
ATXケースということもあり、内部はだいぶ余裕があります。

Monarch LKのCPUクーラー(DEEPCOOL製のDPC TW-001 rev6)こちらはCPUクーラーです。
「Monarch LK」には他のモデルに設置されているような標準のものではなく、静音パックまんぞくコースという、冷却性能が格段にアップしているCPUクーラーを採用しています。
大型のヒートシンクでCPUの熱を放散させ、さらにファンが回転することで冷却します。
ファンも大型のものを採用することで、低い回転数でも大きな風量を得ることができるため、静音性も高い素晴らしいCPUクーラーになっていますよ。

CPUクーラー(DEEPCOOL製のDPC TW-001 rev6)の冷却の仕組みCPUクーラーを下から見た写真です。
CPUと密着している「ヒートスプレッタ」が熱を吸収し、「ヒートパイプ」という4本の銅色のパイプがヒートシンクへ熱を伝える仕組みになっています。
「静音パックまんぞくコース」 に採用されているのは、DEEPCOOL(ディープクール)製の「DPC TW-001 rev6」という製品のようですね。

Monarch LKのメモリCPUクーラーの右横にある、この2枚の板がメモリです。
スロットはあと2つ空きがあるので、さらにメモリを増設することも可能ですね。

Monarch LKのメモリ(SK Hynix製のHMA451U6AFR8N-TF)今回搭載されていたメモリは、SK Hynix(エスケイ ハイニックス)製の「HMA451U6AFR8N-TF」という製品です。
時期によってメーカーが変更する場合がありますので、参考までにどうぞ。
スペックの詳細は下記の通りです。

容量 8GB(4GB×2枚)
電圧 1.2V
メモリ規格 DDR4 SDRAM
モジュール規格 PC4-17000
チップ規格 DDR4-2133

Monarch LKのマザーボード(ASRock製のZ170-Pro4S)マザーボードはASRock製の「Z170-Pro4S」です。
これも時期によってメーカーが変更になる可能性がありますので、ご注意ください。

Monarch LKの残りの拡張スロットCPUファンの下にある拡張スロットです。
今回は拡張カードを何も搭載していないため、スッキリとしていますね。
この部分は充分なスペースが確保されているため、2スロットを占領するような大型のグラフィックカードを搭載しても余裕が持てますし、さらにサウンドカードやキャプチャーカードなども搭載することが可能です。
そうすれば、動画編集用途としても申し分ないPCになりますよね。

Monarch LKの電源(AcBel製のPCA015-2)電源はAcBel製の700Wのもので、「PCA015-2」という製品のようです。
静音設計で「80PLUS BRONZE」にも認定されているので、電気代も安く済みますよ。
このケースでは電源は下部に設置するタイプなんですね。
電源は下部に置いた方がパソコンの重心が安定しますし、排熱の効率も良くなります。
「Monarch MX」のケース(EA041)では電源はケース上部に配置するタイプだったので、この辺に違いが出ています。

Monarch LKのベイさて、こちらはベイです。
右側の上から下までの全てが、ベイのためのスペースになっています。
ベイの種類と数は下記の通りですよ。

5インチベイ 5(内2つが3.5インチオープンベイと兼用)
3.5インチシャドウベイ 5

Monarch LKの5インチベイの内部こちらは5インチベイ。
5つある内の1番上にはDVDスーパーマルチドライブが搭載されているので、空きは4つですね。

Monarch LKの5インチベイに入ってたマウンター5インチベイの下2つに搭載されているマウンターです。
これを利用すればSSDやHDDを設置することもできるので、ストレージがたくさん必要なクリエイターさんなどにとっては大変重宝すると思います。

Monarch LKの3.5インチシャドウベイこちらは3.5インチシャドウベイです。
今回はHDDが1台設置されているので、空きは4つですね。

Monarch LKの3.5インチシャドウベイに入っていたマウンターつまみを摘んで引っぱると、このようなマウンターが取り出せます。
これは2.5インチと3.5インチ兼用になっているので、HDDだけではなくSSDも設置できますよ。

Monarch LKのHDD(SEAGATE製ST2000DM001)3.5インチシャドウベイからHDDを取り出しました!
今回搭載されていたHDDは、SEAGATE製の「ST2000DM001」という製品でした。
これも時期によってメーカーが変更される場合があるので、ご注意ください。
スペックの詳細は下記の通りですよ。

容量 2TB
規格 SATA3
転送速度 6Gb/s
回転数 7200rpm


■「Monarch LK」の付属品

Monarch LKに付属する光学式マウスさて、まずは付属品その1。標準付属の光学式マウスです。
チープ感は否めない作りですが、無料でもらってるものなので文句は言えないですよね。
接続はUSBで、ケーブルの長さも1.5mほどあるので使い勝手は悪くありません。
マウスにこだわりがある方は、カスタマイズ選択で有料のマウスに変更することもできますよ。

Monarch LKに付属するキーボード付属品その2のキーボードです。
マウス同様に安物感のある質感ではありますが、こちらも無料でもらってるものですからね…。
メンブレン式の日本語キーボードで、キーピッチもキーストロークも標準的なフルサイズキーボードと変わりないので、誰でも使いやすいと思います。
接続はUSBで、ケーブルの長さはマウス同様に約1.5mあります。

Monarch LKの構成表、取扱説明書、ドライバーCD最後に、「Monarch LK」の構成表と取扱説明書、ドライバーCDが同梱されていました!
 

■「Monarch LK」のパフォーマンス・ベンチマーク測定結果

★インテル Core i7-6700K の情報

CPU-Zで測定したIntel Core i7-6700Kの情報

★インテル HDグラフィックス530(オンボードグラフィック)の情報

GPU-Zで測定したIntel HDグラフィックス530の情報

★HDDのベンチマーク結果

CrystalDiscMarkで測定したHDD(SEAGATE製ST2000DM001)の測定結果

★ドラゴンクエストX ベンチマーク結果

Monarch LKのドラゴンクエストXベンチマーク結果

解像度 1280×720
標準品質 最高品質
11294 9863
すごく快適 とても快適

★ファンタシースターオンライン2 ベンチマーク結果

Monarch LKのファンタシースターオンライン2ベンチマーク結果

解像度 1280×720
標準品質 最高品質
11362 10802
快適に動作する 快適に動作する

 

■まとめ

「Monarch LK」はグラフィックカードを搭載していないモデルのため、オンラインゲームのベンチマークがどうなるか心配でしたが、とても良い数字が出ましたね!
これもCPUが最新の「Core i7-6700K」であったからだと思います。

これだけのスコアが出たので、グラフィックカードなしでも高負荷なオンラインゲームじゃなければ快適に遊べますし、画像や動画の編集作業も問題なく行えるでしょう。
それでも心配な場合はカスタマイズ画面でグラフィックカードを搭載させることも可能ですし、一回このままで使ってみて、不満があれば後からグラフィックカードだけを購入して設置する、という手もあると思います。

また、「Monarch LK」に採用されているケース「SR598M」は、ストレージベイが豊富に用意されているので、HDDを何台も積まなくてはならないクリエイターさんにも大変重宝するモデルだと言えます。

「Monarch LK」 は必要最低限のパーツのみを搭載し、かつ各パーツはハイスペックなものになっているので、今使っているPCからグラフィックカードとストレージだけを持ってきて、“引越し先”という形で使うのも手なんじゃないかと私個人は思いましたね。

いずれにせよ、高い性能と低価格が実現した素晴らしいPCであるということは確かです!

以上、「Monarch LK」のレビューでした!



ドスパラPC 売れ筋&人気ランキング


-----------------------------------------------
1位:GALLERIA XF:★★★★★
-----------------------------------------------
GALLERIA XV

-----------------------------------------------
2位:GALLERIA XV:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA XV

-----------------------------------------------
3位:GALLERIA ZG i7-9700K:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA ZZ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota

ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota新宿で働くWEBプロデューサー

投稿者プロフィール

ドスパラ評判購入ナビは、ドスパラPCをこよなく愛するmasagorotaが運営する個人サイトです。新宿でWEBプロデューサーとして働きながら、ドスパラ評判購入ナビを運営しておりますので、少々筆が遅いところもありますが、出来うる限り更新していきますので、応援をよろしくお願い致します!ドスパラ評判購入ナビでは、公平な情報を掲載してきます。ドスパラを愛するがゆえの行動ですね。ドスパラ評判購入ナビに是非参加したいという方がいらっしゃいましたら、ページ右上のお問い合わせからご連絡下さい。色々な方とドスパラ評判購入ナビを運営していけたらと考えております。ドスパラ評判購入ナビを今後共よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • すっきりん
    • 2016年 4月 20日

    モナークのケースの違いが気になってたけどスッキリしました。m(_ _)m

    • AAA
    • 2016年 4月 25日
    この「SR598M」ってケースはベイも充実してるしエアフローもいいし良さげだね。ただこんなに吸気口と排気口があるとホコリがたまりそうで心配かも。

ドスパラ購入を検討している方へ

ドスパラ評判購入ナビでは、納得してPCを購入したい方を応援しています。PCのカスタマイズに必要な基礎知識については「カスタマイズ攻略法」をご覧下さい。
ドスパラの製品一覧情報を見たい方は、「ドスパラ製品情報」をご確認下さい。

また、目的に合わせたマシンとカスタマイズ例を「目的別おすすめセット」のコーナーでご案内しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ドスパラ評判購入ナビでは、良質な内容を掲載することを目標としております。量より質(内容)というポリシーでやっております。多少、筆が遅いところもありますが、末永く見守って下さい。

皆様のご意見・ご要望を募集しております。ページ上部にある「お問い合わせ」からぜひ、ご連絡下さい。
ページ上部へ戻る