「Diginnos Mobile DG-W10M」レビュー!! ついに発売! Windows Phone

※2015年12月25日レビュー

▼Diginnos Mobile DG-W10M のスペック情報
▼Diginnos Mobile DG-W10M の外観
▼Diginnos Mobile DG-W10M を実際に使用してみた
▼Windowsの音声アシスタント「Cortana(コルタナ)」ちゃん!
▼Diginnos Mobile DG-W10M の付属品
▼まとめ

今月の12月14日から販売開始となったドスパラのWindows Phone「Diginnos Mobile DG-W10M」ですが、注文から4日後、ついに我が家にも届きました!

Windows Phoneとは、Microsoft(マイクロソフト)がスマートフォン向けのOSとして開発した「Windows10 Mobile」を搭載しているスマートフォンのこと。

11月20日に開かれた「ドスパラ製品展示会」のレポートでも少し触れたのですが、当時はまだ未発売モデルということもあって、詳細はベールに包まれたままでした。。。

今回はそんな発売したばかりの「Diginnos Mobile DG-W10M」について、詳しくレビューしていきますよ!

まずはスペックの詳細から紹介していきます!
 

■「Diginnos Mobile DG-W10M」スペック情報

Diginnos Mobile DG-W10M
Diginnos Mobile DG-W10M
OS Windows 10 Mobile インストール済み
CPU Qualcomm MSM8909 (クアッドコア)
メモリ 1GB
ディスプレイ 5.0インチ液晶 (1280×720ドット表示)
ストレージ 16GB eMMC
無線LAN IEEE802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0
通信 4G/LTE:Band1/3/5/19
3G/W-CDMA:Band1/5/9/19(Band6を内包)
SIMカードスロット microSIM x2(日本国内ではSIM1スロットのみの使用)
※KDDI社のSIMカードはご使用いただけません。
カメラ 約200万画素 フロント x1,
約800万画素 リア x1
バッテリー 2300mAh(連続通話時間 最大400分/連続待受時間 最大240時間)
※連続待受・連続通話時間は、電池の充電状態、待受画面などの設定状況、使用環境、電波状況やお客様のご利用頻度により大きく変動します。
重量 約145g
サイズ 約142.5(高さ) x 70.5(幅) x 9.2(厚さ)mm
付属品 クイックガイド / ACアダプター / 液晶保護フィルム /microUSB(オス)-USB(オス)ケーブル / 交換用背面カバー(白色、水色)

※その他の構成の詳細はこちらをご参照下さい。

「Diginnos Mobile DG-W10M」を購入するとFREETEL(フリーテル)のSIMが無料で付いてくるのですが、SIMはすでに使っているものがあったので、今回は「SIMなし」にカスタマイズ変更しましたよ。

ちなみにFREETELのSIMを使用する場合、料金プランは下記の通りになるそうです。
月々の使用量にあわせて料金が変動する仕組みになっていますね。

種類 ~100MB ~1GB ~3GB ~5GB ~8GB ~10GB
音声通話付 ¥999 ¥1,199 ¥1,600 ¥2,220 ¥2,840 ¥3,170

さて、気になる「Diginnos Mobile DG-W10M」の金額は下記の通りです。

小計(税込) ¥19,980
梱包送料(税込) ¥2,160
保険料(税込) ¥0
合計(税込) ¥22,140

本体価格は税込みでも2万円を切っています…!これは本当に安い…!
この金額なら、Windows Phoneが初めてで購入しようかどうか迷っているという方にも、お試し感覚で購入して頂けるのではないでしょうか?
※現在(2016年6月3日時点)は9,241円(税抜)に値下げされています!安すぎる…。

しかし、1点気になってしまったことがあります。
小さくて重量もないスマートフォンに送料が2,160円もかかるって、どういうことですか…!?
この金額は、過去にドスパラでタワー型のデスクトップPCやモニターを購入した時と全く同じ金額です。
調べてみると、どうやらドスパラでは、送料はほぼ一律の2,160円(税込)に設定しているみたいなんですよ。
でも、さすがにこれはちょっと。。。
送料の料金設定、一度見直してほしいですね。。。

※ 現在(2016年6月3日時点)は、送料が500円(税抜)に値下げされていました。私の思いがドスパラに通じたんでしょうか…?きっとそうに違いない!!
 

■「Diginnos Mobile DG-W10M」の外見

Diginnos Mobile DG-W10Mが届きましたさあ、佐川の爽やかなお兄さんから、かなりコンパクトなサイズの箱を受け取りましたよ!
この中に待ちわびたWindows Phoneがあると思うと、ワクワクが止まりません…!

Diginnos Mobile DG-W10Mのダンボール開封さっそく開けました!
十分なクッション材に包まれていたので安心しました。

Diginnos Mobile DG-W10Mのパッケージダンボールから箱を取り出しました!
パッケージもカッコイイですねぇ…。

Diginnos Mobile DG-W10Mのパッケージ側面にWindowsのロゴが箱の側面にはしっかりと「Windows」の文字が。

Diginnos Mobile DG-W10Mのパッケージを開封箱をオープン!
こんな感じで丁寧に梱包されています。

Diginnos Mobile DG-W10Mを取り出した様子さあ、ついにWindows Phoneを取り出しました!
側面に角がなくツルッとした形状なので、手によく馴染みます。
スマートフォンやタブレットにおいて、持ちやすさって以外に大切だと私は思っているのですが、「Diginnos Mobile DG-W10M」はすごくいい感じです…!

Diginnos Mobile DG-W10Mの液晶下部にある「戻る」「ホーム」「検索」ボタン液晶の下部には、左から「戻る」「ホーム」「検索」のボタンがあります。
よく使う動作もワンタッチで操作できるので楽ですよね。

Diginnos Mobile DG-W10Mの液晶上部にあるスピーカーとインカメラ液晶の上部にはスピーカーとインカメラがあります。
インカメラの画素数は200万画素ということで、スマートフォンのインカメラとしてはまずまずの数値だと思います。

Diginnos Mobile DG-W10Mの上部側面にあるヘッドフォン端子とmicroUSBポート上部側面には、ヘッドフォン端子(左)とmicroUSBポート(右)があります。
充電しながら使用する場合は、上にケーブルがくる形になりますね。

Diginnos Mobile DG-W10Mの右側面にある電源ボタン右側面です。ちょっと見づらいですが、右端には電源ボタンがあります。

Diginnos Mobile DG-W10Mの左側面にある音量ボタンこっちは左側面です。左端にあるのは音量ボタンですね。

両側面のボタンは、片手で持っても指が当たらないところに配置されているので、操作中に誤って押してしまうこともなさそうです。
また、画面をスクリーンショットする場合は、電源ボタンと音量ボタンを同時押しするみたいですよ。

Diginnos Mobile DG-W10Mの下部側面にあるマイク下部側面です。左の黒ポチがマイクです。

Diginnos Mobile DG-W10Mの裏面裏面はこんな感じ。
黒の光沢があるボディーに、デジノスとWindowsのロゴがあるだけの、シンプルなデザインです。
ケースはプラスチック製で多少チープな印象はありますが、値段を考えれば妥当な仕様だと思います。

Diginnos Mobile DG-W10Mのメインカメラメインカメラは約800万画素あり、iPhone4~6と同等の画素数を持っています!
これだけあれば写真はきれいに撮れるので安心ですね。

Diginnos Mobile DG-W10Mの裏面下部にあるスピーカー下部にあるこの横長の穴がスピーカーです。
手で持っても机の上に平置きしても、ちゃんと塞がらない場所にあるので、ストレスなく使用できると思います。
音質はあくまでスマートフォンのスピーカーなので、そこそこ、といった感じですね。
イヤフォンで音楽を聞く分には、十分な音質で楽しむことができましたよ。

Diginnos Mobile DG-W10Mの裏面のカバーを取り外した様子カバーを取りました!
写真はすでにバッテリーが入っていますが、最初は外されているので自分で取り付けてくださいね。

Diginnos Mobile DG-W10MのmicroSDカードとSIMのスロット真ん中に3つスロットがありますが、1番左にはmicroSDカードを、残り2つの銀色のスロットにはSIMを入れます。
なぜSIMのスロットが2つもあるのかと言うと、この「Diginnos Mobile DG-W10M」はデュアルSIM対応となっているからなんです!

★デュアルSIMとは…?
1台のスマートフォンにSIMを2枚挿すことによって、それぞれのネットワークに切り替えて使用することのできる機能のことです。
これによって電話番号も2つ持つことになるので、例えばビジネス用とプライベート用を1台のスマートフォンで切り替えて使用したいとか、違う契約内容のSIMを1台で切り替えて使用したいという人に重宝されるんです。
が、しかし、日本の通信環境ではデュアルSIMを使用することができないため、結局SIM1枚のみの使用となりますね。。。
「GMS」という通信方式を採用している海外(ヨーロッパやアメリカ、日本と韓国を除くアジアなど)で使用する場合には、デュアルSIMを利用することができるますよ。
 

■「Diginnos Mobile DG-W10M」を実際に使用してみた

Diginnos Mobile DG-W10Mを起動させた様子さあ、ついに起動させてみましたよ!
写真は初期設定を終えた後の、ホーム画面です。
初期設定の仕方は付属のマニュアルに説明が書いてあるので、不慣れな方でも簡単にできると思いますよ。

Diginnos Mobile DG-W10Mでニュースアプリを起動させた様子ニュースのアプリを開いてみました。
ページの切り替えに多少もたつくことはありますが、値段のことも踏まえると許容範囲内ではないでしょうか?
タッチの感度はとても良好で、スクロールやタップの動作は非常にスムーズに行なえます。

Diginnos Mobile DG-W10Mで天気予報アプリを起動させた様子天気予報のアプリも使いやすくていい感じ。

Diginnos Mobile DG-W10Mで文字を入力した様子キーボードの操作も非常にスムーズですね。パパっと軽快に入力できますよ。
正直ここまでタッチスクリーンの感度がいいとは思っていなかったので、ちょっとびっくりです。

Diginnos Mobile DG-W10Mでフリック入力してみた様子フリック入力もしてみました!
私は普段iPhoneを使用しているんですが、やはりフリック入力の性能はiPhoneに劣りますね。。。
しっかり意識して指をスライドさせないと、違う文字が入力されてしまいます。
「Diginnos Mobile DG-W10M」はフリックではなく、QWERTY配列(パソコンのキーボードの配列)のほうで入力するほうがスムーズですね。

Diginnos Mobile DG-W10Mのフリック入力では濁音や小文字もワンスライドで入力可能ただ、フリック入力で良いと思った点がひとつありまして、小文字や濁音もワンスライドで入力出来てしまうんです!
写真の用に斜め上にスライドするだけでいいんですよ!
これは慣れてしまえば、入力の時間短縮になっていいですよねぇ…。

Diginnos Mobile DG-W10Mのストレージの初期使用容量ストレージを見てみましたが、OSとアプリケーションだけでこれだけの容量を使ってしまいます。
microSDカードを購入して、その他のデータはそっちに保存するという形にしたほうがいいですね。

Diginnos Mobile DG-W10MでWordを起動させた様子さて、Windows Phoneの最大の強みである、Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)を使用してみます!
まずはWordを立ち上げて文字を打ちました。

Diginnos Mobile DG-W10MでWordを起動し、文字の入力やレイアウトを編集してみた様子入力した文字の色を変えたり、下線を引いた入り、太文字にしてみたりしましたが、操作はとても簡単でしたね!
さすがに1から資料を作るのは大変かもしれませんが、例えばパソコンで作った資料をWindows Phoneに移して、移動中に確認したり簡単な修正をしたりする、といった用途であれば十分力を発揮します!

Diginnos Mobile DG-W10MでExcelを起動させ、文字や数字、関数を入力した様子続いてExcelを開いて、簡単な票を作ってみましたよ!
関数で数式を作るのもらくらくです!

Diginnos Mobile DG-W10MでExcelを起動し、レイアウトを編集してみた様子写真の用に、セルに色をつけたり、文字を中央寄せしたり、数字の表示形式を通貨にしたりなど、基本的な操作は簡単にできました!
これは仕事の相棒として役に立つこと間違いなしです!
 

■Windowsの音声アシスタント「Cortana(コルタナ)」ちゃん!

Windowsの音声アシスト「Cortana」ホーム画面の目立つ場所にある「Cortana(コルタナ)」というアプリケーション。
まだ知名度は低く、知らない方も多いんじゃないかと思います。
「Cortana」とは、Windows10に搭載されている音声アシスタントの名称で、簡単に言えば、iPhoneの「Siri(シリ)」のように話しかけて、いろいろなお願いに対応してもらう機能のことです。
音声“アシスタント”という名の通り、操作の手助けをしてくれるわけなんですが、実はそれ以外の雑談にも応じてくれるスゴイやつなんです。
例えば、「歌を歌って」とお願いしてみると…

Cortanaに「歌を歌って」と話しかけてみた時の返答1なんと!本当に歌ってくれました!
しかも、人間が歌っているように、音程も長音もしっかりしているんですよ!
Siriにも同じような問いかけをすると歌ってくれるのですが、音階も長音も表現できず、ただ歌詞を“読んでいるだけ”になってしまうんですが、コルタナはちゃんと歌ってくれます。
さらに、同じ問にも違った返答ができるんですよ。

Cortanaに「歌を歌って」と話しかけてみた時の返答2今度は桃太郎を歌ってくれましたね…!いやー、進化してます!
しかし、同じ問に違った回答ができるのは、Siriも一緒です。
「じゃあコルタナとSiriは、具体的にどういった違いがあるの?」という疑問がふと浮かんだので、両者に全く同じの質問をしてみちゃいました!

質問 Cortana Siri
早口言葉を言って Cortana くるくる 3くるくる あわせて くるくる 6くるくる早口言葉でもおっとりと わかりました。これはどうでしょう。新進シャンソン歌手総出演新春シャンソンショー…難しいです。めちゃくちゃ早口…!
バルス!! 目があぁ~!って、目はないんですけどね…ノリつっこみ…だと…!? 言ってしまいましたね…数秒後にこのiPhoneは自動的に消滅します。もちろん冗談です!いやいや冗談キツイっす…
お腹すいたー こんな時、ぱぱっと何かお作りできればよかったんですけど…ひとまずレシピの検索などいかがでしょうか?自炊派 腹が減っては戦は出来ぬ、ですね。はい、こちらはいかがでしょう:15店のレストラン外食派
結婚して下さい すみません。今はアシスタントのキャリアを大切にしたいと思います。白黒ハッキリつけちゃうタイプ 私は結婚するようなタイプじゃないですよ。上手にかわしちゃうタイプ
CortanaまたはSiriについてどう思う? 皆さんの生活を少し楽にしようと頑張っているのですから、カッコイイと思います。先輩を敬うコルタナちゃん…! たずねてくださってうれしいですが、私の考えなんて取るに足りませんよ。自分より主人の意見のSiri姉さん

こうして比較をしてみると、2人(?)の性格の違いが見えてきて非常におもしろいですね!

Siriさんは茶目っ気もあり、上手に世渡りをするお姉さん的な風格を漂わせていますが、対するコルタナちゃんは愛嬌があるというか、ノリがいいというか、天真爛漫な印象が強いですね。

素直で元気な妹分のコルタナちゃんと、ちょこっとツンデレ属性を秘めているお姉さんのSiriちゃん。

あなたの好みはどちらでしょうか?笑
 

■「Diginnos Mobile DG-W10M」の付属品

Diginnos Mobile DG-W10Mの替えカバー(白と水色)「Diginnos Mobile DG-W10M」には、なんと替えカバーが2つも付いてくるんです!
最初に装着されている黒と、写真の白と水色の計3色が標準で付いてくるなんて、ドスパラさん太っ腹です…!
その日の気分やTPOによってカバーを変えられるというのは、うれしい配慮ですよね。

Diginnos Mobile DG-W10Mに付属する液晶保護フィルム替えカバーだけでは足りないと言うかのように、当たり前に付属してきた液晶の保護フィルム。
これは何気にありがたい…。いや、めっちゃありがたい…。
こういう細かいところにまで配慮できるのは、ドスパラならではだと思います。

ACアダプターとmicroUSB(オス)-USB(オス)ケーブルACアダプターとmicroUSB(オス)-USB(オス)ケーブルです。
スマートフォンの形状と合わせているのか、ACアダプターも丸っこい形で可愛らしい印象を受けます。
ケーブルは約1mの長さがあるので、充電しながらでも問題なく使用できるのではないでしょうか?

Diginnos Mobile DG-W10Mの取扱説明書最後に、簡単な説明書が1枚入っています。
初期設定のやり方や使い方などが丁寧に説明されているので、使用する上で困ることはあまりなさそうですね。
 

■まとめ

「Diginnos Mobile DG-W10M」は、スマートフォンの中でも比較的ロースペックということもあって、正直あまり期待していなかったというのが本心です。

が、しかし、実際に使用してみて、その予想はことごとく一掃されてしまいました。

タッチスクリーンの感度が非常に良く、決していいと言えないスペックのCPUを積んでいるはずなのに、動作も軽やかで大変驚かされましたね…!

ちょっと負荷のかかる作業をさせると発熱してしまう点と、バッテリーの持ちがあまり良くないという2点が残念な点ではありますが、このスペックと2万円を切るという値段のことを考えれば、目を見張る出来ばえだと言えますね…!

ドスパラの担当者さんにお話を聞いた時、「今回は誰でも手に入れやすい金額にするために、わざとスペックを低めに設定した」とおっしゃっていたので、これから高スペック機が発売されたら一体どうなってしまうんでしょうか…?

きっとiPhone並、いや、以上の性能を発揮するスマートフォンになるのではないでしょうか…!

ドスパラのWindows Phoneの製品展開に、これから期待大ですね!

 



ドスパラPC 売れ筋&人気ランキング


-----------------------------------------------
1位:GALLERIA XF:★★★★★
-----------------------------------------------
GALLERIA XV

-----------------------------------------------
2位:GALLERIA XV:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA XV

-----------------------------------------------
3位:GALLERIA ZG i7-9700K:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA ZZ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota

ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota新宿で働くWEBプロデューサー

投稿者プロフィール

ドスパラ評判購入ナビは、ドスパラPCをこよなく愛するmasagorotaが運営する個人サイトです。新宿でWEBプロデューサーとして働きながら、ドスパラ評判購入ナビを運営しておりますので、少々筆が遅いところもありますが、出来うる限り更新していきますので、応援をよろしくお願い致します!ドスパラ評判購入ナビでは、公平な情報を掲載してきます。ドスパラを愛するがゆえの行動ですね。ドスパラ評判購入ナビに是非参加したいという方がいらっしゃいましたら、ページ右上のお問い合わせからご連絡下さい。色々な方とドスパラ評判購入ナビを運営していけたらと考えております。ドスパラ評判購入ナビを今後共よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (2)

    • 働くマン
    • 2015年 12月 25日

    Officeがスマホでも使えるのは便利。iPhone使ってるけど、仕事用として買ってみようかな。安いし。

    • 値下がり・・・
    • 2016年 3月 21日

    僕は発売当初に購入してそれなりに満足してたけど、昨日ドスパラのサイトを覗いたら9,241(税抜)になってた。ほぼ半額になっててかなりショック。

ドスパラ購入を検討している方へ

ドスパラ評判購入ナビでは、納得してPCを購入したい方を応援しています。PCのカスタマイズに必要な基礎知識については「カスタマイズ攻略法」をご覧下さい。
ドスパラの製品一覧情報を見たい方は、「ドスパラ製品情報」をご確認下さい。

また、目的に合わせたマシンとカスタマイズ例を「目的別おすすめセット」のコーナーでご案内しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ドスパラ評判購入ナビでは、良質な内容を掲載することを目標としております。量より質(内容)というポリシーでやっております。多少、筆が遅いところもありますが、末永く見守って下さい。

皆様のご意見・ご要望を募集しております。ページ上部にある「お問い合わせ」からぜひ、ご連絡下さい。
ページ上部へ戻る