ドスパラの製品展示会に参加してきました!in 2016 夏

ドスパラから製品展示会のお誘いを頂き、我がドスパラ評判購入ナビも参加して参りました!

製品展示会への参加は2度目になるんですが、このサイトを運営している身としては再びご招待頂けて嬉しい限りです…!

今回の展示会の見どころは、最新の高性能グラフィックカード「GTX1080」と「GTX1070」搭載のPCや、まだ未発売のモデル、そしてVRデモ体験などなど、たくさんありました!

さっそく展示会の様子や製品のレポートをしていきたいと思います!
 

■いざ会場へ!熱のこもったプレゼンテーション!

きたる2016年7月8日。
今回は秋葉原にある貸し会議室、「AP秋葉原」の一室でドスパラの製品展示会が行われました。
秋葉原にある貸し会議室、「AP秋葉原」↑がAP秋葉原の入口です。

ドスパラ製品展示会の会場の様子集合時間の約10分前に到着したんですが、すでにそこそこ人がいて賑わっていました。
椅子を取り囲むように置かれているPCたちは全てドスパラの製品!
そわそわと写真を撮って仕様を確認していたんですが、それはまた後程触れますね。

ドスパラの担当者によるプレゼンテーションが開始集合時間を過ぎると、ドスパラのスタッフ様によってプレゼンテーションが開始されました!
最初に「いつも当社のPCをご紹介いただき、ありがとうございます!」と丁寧に挨拶して頂いて、誠に恐縮でした…。

★インテル製CPU、アジア販売実績No.1!!

インテル製CPU アジア販売実績No.1プレゼンテーションの最初の話題は、サードウェーブグループ(ドスパラはこのグループのうちのひとつ)の販売実績についてでした。
インテルのCPUを搭載したデスクトップPCの販売が、なんとアジアNo.1であったとのこと!
しかも、2014年、2015年と2年連続でトップの座に輝いた実績が…。
「日本」ではなく「アジア」という広いエリアでNo.1になるのはすごいことだと思いますし、きっと想像を超える努力の積み重ねがあったんでしょうね…。

CPU単品の販売実績もアジアNo.1また、CPU単品での販売実績もアジアNo.1に輝いたとのことで、展示会の壁にはその勲章のポスターが貼られていました。
これからもサードウェーブグループの躍進に期待ができそうですね…!

★ドスパラのPCの導入実績

ドスパラのPCの導入実績次に、ドスパラのPCの導入実績についてお話が。
私達もよく見知っている企業やイベント等で、ドスパラのPCは幅広く活躍していました!

ドスパラPCの導入先:自遊空間、VALIC、トヨタ、旭プロダクションインターネットカフェとして有名な「自遊空間」やカラオケ店のコート・ダジュールを運営する「VALIC」、東京モーターショーの「トヨタ」のブース、アニメーション会社の「旭プロダクション」などなど…。
導入先はさまざまです。

余談ですが、ドスパラのクリエイター向けPCブランドの「raytrek(レイトレック)」は、導入先でもある旭プロダクションと協力して開発されたPCだったんだとか!
実際に現場で働いている方の意見を取り入れて設計されているから、こんなにも使いやすく実用的なPCを生み出せているんでしょうね。

ドスパラはVR関連の多くのイベントにPCを提供企業だけではなく、ドスパラはVR(バーチャルリアリティ)関連の様々なイベントにもPCを提供していました!
VRとは、パソコンにゴーグル(めがね)型のモニターを繋ぎ、それを顔に装着することで、映像やゲームの中に自分が入り込んでいるような体験ができる技術のこと。
これからさらに発展するであろうVR。
しかし、その活躍には高スペックかつ安定した動作を見込めるPCの存在が非常に重要になってきます。
ドスパラはそんな将来も見据えて、積極的に新技術に対する挑戦をしているんですね!

ドスパラは人気イベントにもPCを提供また、人間と人工知能の将棋対決イベント「電王戦」や、ニコニコ動画関連の大人気イベント「超会議」、「闘会議」、「町会議」でもドスパラは公式スポンサーを勤めていました!
町会議のイベントでは「町VRホラーカー」という車を利用して、VR環境の整っていない地方などをめぐり、その土地の人々にVR体験をしてもらおうという企画が行われています。
VR技術の普及のため、ドスパラはこんな形でも尽力しているんですね!

ドスパラは多くの勉強会や交流会にもPCを提供そして、ドスパラは娯楽のイベントだけではなく、ゲームエンジンの勉強会「Unreal Engine Fest」やゲーム開発者向けの交流会「CEDEC 2015」、ゲームクリエイターを目指す学生やアマチュア開発者向けのコンテスト「Unity 就職大作戦 2015」などにもPCを提供し、ゲーム業界発展のために力を注いでいます。

ドスパラの企業理念導入実績の紹介の締めくくりに、ドスパラの企業理念のお話が。
『人をつくり 価値を生み出し 社会に貢献する事業を行う』というのがそうなのだそう。
なるほど、たくさんのイベント等で意欲的に活動しているのは、この企業理念が背景にあるからなのかもしれませんね。

今回のプレゼンテーションで紹介された導入先はごく一部で、この他にも書き出しきれないほどの実績がドスパラにはあります!
この日のプレゼンテーションで触れられることはなかったのですが、多くの大学でも導入されているんです。

会津大学/青山学院大学/秋田大学/茨城大学/岩手大学/宇都宮大学/愛媛大学/大分大学/大阪大学/大阪府立大学/学習院大学/鹿児島大学 /金沢大学/関西大学/関西学院大学/関東学院大学/北里大学/岐阜大学/九州大学/京都大学/京都府立大学/京都府立医科大学/近畿大学/熊本大学/慶 応義塾大学/神戸大学/国際基督教大学/埼玉大学/札幌医科大学/滋賀大学/静岡大学/上智大学/職業能力開発総合大学校/信州大学/聖マリアンナ医科大 学/専修大学/総合研究大学院大学/千葉大学/中央大学/筑波大学/帝京大学/電気通信大学/東海大学/東京大学/東京医科大学/東京医科歯科大学/東京 学芸大学/東京芸術大学/東京工業大学/東京歯科大学/東京農工大学/東京理科大学/同志社大学/東北大学/徳島大学/鳥取大学/長崎大学/名古屋大学/ 新潟大学/一橋大学/兵庫医科大学/兵庫県立但馬技術大学校/弘前大学/広島大学/福井大学/福岡大学/法政大学/北海道大学/三重大学/宮城大学/明治 大学/明治薬科大学/山形大学/山口大学/山梨大学/横浜国立大学/立教大学/立命館大学/琉球大学/龍谷大学/和歌山大学/早稲田大学


★創業32年目へ!これからのドスパラは…?

サードウェーブの尾崎健介代表取締役の言葉ドスパラは1984年の創業から、今年で32年目へと突入しました。
「すべての尺度は、お客様に役立っているかどうか」と話すのは、サードウェーブの尾崎健介代表取締役。
ゲームのプレイや音楽制作、動画編集など、PCの使用目的は人それぞれです。
その各目的に合った製品を企画・提案し、販売していくということに重点を置いているとのこと。

GALLERIA、raytrekの今後の展望ドスパラの人気ブランド「GALLERIA(ガレリア)」と「raytrek(レイトレック)」の今後についてもお話がありました。
「raytrek」のスローガンの『For the creation』とは、日本語で「唯一無二」という意味だそう。
そのスローガンの通り、 ドスパラには常識や固定観念にとらわれず、どんどん新しいものを生み出していってもらいたいですね!

ドスパラのPCを製造する綾瀬工場また、ドスパラのPCを製造する工場の話題も出ました。
高い品質を保つため国内生産にこだわっていること、そしてどこよりも納期を早くするため、東西の流通拠点である神奈川県綾瀬市に工場を構えたことを聞き、ドスパラの徹底ぶりに脱帽しました。

現在、工場はグラフィックカードのGTX1000番代が発売されたために、搭載PCの組み立てに大忙しだとか。
お客ひとりひとりの要望に答えて組み立てているので、とっても手間がかかって大変だとスタッフさんは仰っていました。
しかし、どんなに忙しくても在庫管理と品質管理を徹底している工場の体制はすごいと思います。

プレゼンテーションの締めくくりこの後に「パーツの犬」というドスパラの自作PCキットのプレゼンテーションがありましたが、それは下記の記事でご紹介します。

>>ドスパラの自作PCセット「パーツの犬」 レポート!

こんな感じで、ドスパラのアツいプレゼンテーションは終了!
この後はお待ちかね、展示されている製品の撮影・質問タイムに入りました。
 

■なんと未発売モデルも!?展示製品をチェック!

さて、ここからは展示されていた製品を紹介していきます。
人気のモデルから未発売のモデルまで様々な製品があったので、ひとつずつ紹介していきますよ!
まずはデスクトップPCから。

GALLERIA ZGこちらは「GALLERIA ZG」というモデル。
NVIDIAの最新の高性能グラフィックカード「GeForce GTX1080」を搭載したタワーPCで、ゲーマーなら誰しもが憧れる高スペックPCとなっています!
スペックの詳細は下記の通りです。

GALLERIA ZG
GALLERIA ZG
OS Windows 10 Home インストール済み
CPU インテル Core i7-6700K プロセッサー
マザーボード インテル Z170 チップセット搭載 ATX マザーボード
メモリ 16GB PC4-17000
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX1080 8GB GDDR5X(PCI Express3.0)
SSD 250GB SSD
HDD 2TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA Ⅲ)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
電源 Enhance 800W 電源 (80PLUS GOLD / EPS-1780GA1)
サイズ 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm

>>構成の詳細・価格をチェックする

GALLERIA SGこちらは「GALLERIA SG」。
超コンパクトなスリム型デスクトップPCながら、高性能パーツだって難なく搭載できるハンパないPCです!
スリム型ケースを採用しているので拡張性は期待できませんが、最初に紹介したモデルと同様に「GeForce GTX1080」 を搭載し、その見た目からは想像もつかないほどのパフォーマンスを発揮します。

GALLERIA SG
GALLERIA SG
OS Windows 10 Home インストール済み
CPU インテル Core i7-6700 プロセッサー
マザーボード インテル H110 チップセット搭載 Mini-ITX マザーボード
メモリ 8GB PC4-17000
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX1080 8GB GDDR5X(PCI Express3.0)
SSD 【無料プレゼント中】Crucial SSD 480GB BX200シリーズ
HDD 2TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA Ⅲ)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
電源 SILVERSTONE SST-SX500-LG(SFX 500W 静音電源 / 80PLUS GOLD)
サイズ 105(幅)×350(奥行き)×382(高さ) mm

>>構成の詳細・価格をチェックする

GALLERIA XF 16GBメモリ搭載これは「GALLERIA XF」です。
グラフィックカード 「GTX1080」 の下位モデルである「GTX1070」を搭載したPCで、オンラインゲームを楽しむには充分以上のスペックを誇っています。
「GTX1080」よりもスペックが劣る「GTX1070」ではありますが、「ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド」のベンチマークでは13764という非常に高いスコアを出していましたよ!(解像度1920×1080、最高品質での測定時の数値)

GALLERIA XF 16GBメモリ搭載
GALLERIA XF 16GBメモリ搭載
OS Windows 10 Home インストール済み
CPU インテル Core i7-6700 プロセッサー
マザーボード インテル H170 チップセット搭載 ATX マザーボード
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX1070 8GB (PCI Express3.0)
SSD 【無料プレゼント中】Crucial SSD 480GB BX200シリーズ
HDD 2TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA Ⅲ)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
電源 500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
サイズ 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm

>>構成の詳細・価格をチェックする

GALLERIA XFRこちらは「GALLERIA XFR」というモデルのPC。
6月29日にAMDから発売されたばかりの最新グラフィックカード「Radeon RX 480」を搭載したモデルで、高い水準のスペックを誇っています。
「Radeon RX 480」 はNVIDIAの「GTX1080」や「GTX1070」より性能が劣るものの、価格は3万円台とかなりお安く購入できます。
VR環境を手頃に整えたいなら、コスパのいい 「Radeon RX 480」 搭載PCを検討するのもアリかもですね。

GALLERIA XFR 16GBメモリ搭載
GALLERIA XFR
OS Windows 10 Home インストール済み
CPU インテル Core i7-6700 プロセッサー
マザーボード インテル H170 チップセット搭載 ATX マザーボード
メモリ 16GB DDR4 SDRAM
SSD 【無料プレゼント中】Crucial SSD 480GB BX200シリーズ
HDD 2TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA Ⅲ)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
グラフィックカード Radeon RX 480 8GB(PCI Express3.0)
電源 500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
サイズ 207(幅)×520.7(奥行き)×450.2(高さ) mm

>>構成の詳細・価格をチェックする

GALLERIA QSF965HEさて、今度はノートPCのご紹介をしていきます。
これは「GALLERIA QSF965HE」というモデル。
15.6インチのフルHDディスプレイ搭載のこのモデルはサイズ感も丁度よく、使い勝手も良さそうです。
ストレージはSSDとHDDの両方を採用しているので、SSDにOSやアプリケーションなどのソフトを突っ込んでおけば動作もかなり早くなります!

GALLERIA QSF965HE
GALLERIA QSF965HE
OS Windows 10 Home インストール済み
CPU インテル Core i7-6700HQモバイル・プロセッサー
マザーボード モバイル インテル HM170 Express チップセット
メモリ 8GB PC4-17000
ディスプレイ 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ
(1920 x 1080 ドット表示)
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 965M 4GB + インテル HD グラフィックス530
(NVIDIA Optimus テクノロジーによる切り替えに対応)
SSD 250GB (M.2スロット / AHCI接続)
HDD 1TB, 5400rpm, 2.5インチ, SATA 6Gb/s 接続 (SATAIII)
光学ドライブ なし
バッテリー リチウムイオンバッテリー(約2時間)
サイズ/重量 386.25(幅)×264.9(奥行き)×37(高さ) mm / 約2.75kg(バッテリー含む)

>>構成の詳細・価格をチェックする

GALLERIA QHF965HE こちらのノートPCは、なんと未発売モデルのもの!
「GALLERIA QHF965HE」というモデルで、最新のグラフィックカード「GTX 965M」を搭載しながらも、価格は10万円を切っています!
価格を安くするためにCore i5のCPUを採用したと思われますが、デザインもかっこよく、とてもこの価格帯のPCとは思えない見た目です。

GALLERIA QSF965HE
CPU Core i5-4210
メモリ 8GB
ディスプレイ 15.6インチ 非光沢
グラフィックカード NVIDIA GeForce GTX 965M
HDD 1TB
販売予定価格 99,980円(税抜)
販売予定時期 2016年7月15日

>>2016年7月15日発売予定

raytrek QSF1000HGWSこれは新発売されたクリエイター向けのノートPC「raytrek QSF1000HGWS」です。
グラフィックカードは「Quadro M1000M」を採用し、メモリは転送速度が早いDDR4の8GBを搭載。
ディスプレイは17.3インチと大画面なので、イラストや画層編集などの作業が捗ること間違いなしです。

raytrek QSF1000HGWS
raytrek QSF1000HGWS
OS Windows 10 Home インストール済み
CPU インテル Core i7-6700HQモバイル・プロセッサー
マザーボード モバイル インテル HM170 Express チップセット
メモリ 8GB PC4-17000
ディスプレイ 17.3 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ
(1920 x 1080 ドット表示)
グラフィックカード NVIDIA Quadro M1000M 2GB + インテル HD グラフィックス530
(GPUボタンによる完全切替え機能搭載)
HDD 1TB, 5400rpm, 2.5インチ, SATA 3Gb/s 接続 (SATAII)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
バッテリー リチウムイオンバッテリー(約5時間)
サイズ/重量 428(幅)×294(奥行き)×48(高さ) mm / 約3.7kg(バッテリー含む)

>>構成の詳細・価格をチェックする

Critea DX11こちらも未発売モデルのノートPC。
「Critea DX11」というPCで、これはゲーム用途ではなく普段使い用のモデルですね。
最新の第6世代CPUを採用し、その他の性能もそこそこ。
後はいくらで販売されるのかが購入の判断基準になりますが、まだ金額は発表されていません。

Critea DX11
OS Windows10 64bit
CPU Intel Core i7-6500U
マザーボード Skylake -U series
メモリ 4GB DDR3
ディスプレイ 15.6インチ HD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ
(1366×768ドット表示)
グラフィックス インテル HD グラフィックス 520
ストレージ 500GB, 5400rpm, 2.5インチ, SATA 3Gb/s 接続(SATAⅡ)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
バッテリー リチウムイオンバッテリー(約4.95時間)
サイズ/重量 386(幅)×258(奥行き)×23(高さ) mm / 約2110g(バッテリー含む)
販売予定価格
販売予定時期 2016年7月中旬

>>2016年7月中旬発売予定

Critea VF-HE11こちらも未発売モデルのノートPCで、「Critea VF-HE11」というモデル。
先ほど紹介したモデルの上位互換版です。
見た目はまったく同じですが、メモリの容量とグラフィックスが強化され、ディスプレイはフルHD表示できるようになっています。

Critea VF-HE11
OS Windows10 64bit
CPU Intel Core i7-6500U
マザーボード Skylake -U series
メモリ 8GB DDR3
ディスプレイ 15.6インチ HD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ
(1920×1080ドット表示)
グラフィックス NVIDIA GeForce GT940 / インテル HD グラフィックス 520
ストレージ 500GB, 5400rpm, 2.5インチ, SATA 3Gb/s 接続(SATAⅡ)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
バッテリー リチウムイオンバッテリー(約4.95時間)
サイズ/重量 386(幅)×258(奥行き)×23(高さ) mm / 約2110g(バッテリー含む)
販売予定価格
販売予定時期 2016年7月中旬

>>2016年7月中旬発売予定

DG-STKLCさて、展示会の中でも異質な存在感を放っていたのはこちら。
スティックPCが何かに突き刺さっていますが、一体コレは何なんでしょうね…?

DG-STKLC実はこれ、スティックPC用のスタンドで、「DG-STKLC」という製品なんです。
もちろんただのスタンドではなくて、USBやLANポートなどの接続端子を拡張し、周辺機器への接続を容易にしてくれるというものだそうです。

DG-STKLC
DG-STKLCの仕様
I/O ①Powerスチッチ(通常使用時押し下げ)
②HDMI入力端子
③USBハブ用ケーブル(スティックPC接続用)
④MicroUSBケーブル(スティックPCへの給電用)
⑤USB端子1
⑥USB端子2
⑦USB端子3
⑧HDMI出力端子
⑨LAN端子
⑩MicroUSB端子(電源給電用)
サイズ/重量 57(幅)×60(奥行き)×128(高さ) mm / 約157g

>>構成の詳細・価格をチェックする

Mobile Monitor DG-NP09D最後にもうひとつ。
一見、ケーブルが繋がれているタブレットのように見えますが、実はこれ、モニターなんです。
「Mobile Monitor DG-NP09D」という未発売の製品なのですが、「持ち運びができるモニターを」ということで開発された製品なんだとか。
バッテリーが内蔵されているので、コンセントに挿す必要もなくスッキリとします。
しかし、このモニターはタッチスクリーン機能が搭載されていないので、必然的にキーボードやマウスも一緒に持ち運ぶことになりますね。
結果、いろいろと持ち運ぶものが増えてしまって大変ではないかと思ったんですが…。
私には使い所がイマイチ思いつかなかったんですけど、何かいい感じの使い方があるんですかね?

Mobile Monitor DG-NP09D
モニターサイズ 8.9インチ
最大解像度 1920×1200
入力端子 miniHDMI
内蔵バッテリー 8000mAh
実働時間 4時間(非公式)
販売予定価格 18,500円(税抜)
販売予定時期 2016年7月

>>2016年7月中旬発売

持ち運びできるモニターとスティックPCスタンド、キーボードを繋いた様子ちなみに、持ち運びできるモニターとスティックPCスタンド、キーボードを繋ぐとこういう感じになります。
使用例の1つとして展示されていました。
 

■まとめ

プレゼンテーションと製品展示会の大体の内容は以上になります。

ドスパラの歴史から最新の製品情報まで知ることができる、実に濃い1日になったと思います!

同日に、ドスパラが力を入れている自作PCキット「パーツの犬」のプレゼンテーションと、VRデモ体験を行って来たので、よかったそちらの記事もあわせて読んでいただけたら嬉しいです!

>>ドスパラの自作PCセット「パーツの犬」 レポート!

>>ドスパラで「HTC Vive」のVR体験を行って来ました!



ドスパラPC 売れ筋&人気ランキング


-----------------------------------------------
1位:GALLERIA ZV:★★★★★
-----------------------------------------------
GALLERIA ZV

-----------------------------------------------
2位:GALLERIA ZJ:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA ZJ

-----------------------------------------------
3位:GALLERIA ZZ:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA ZZ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota

ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota新宿で働くWEBプロデューサー

投稿者プロフィール

ドスパラ評判購入ナビは、ドスパラPCをこよなく愛するmasagorotaが運営する個人サイトです。新宿でWEBプロデューサーとして働きながら、ドスパラ評判購入ナビを運営しておりますので、少々筆が遅いところもありますが、出来うる限り更新していきますので、応援をよろしくお願い致します!ドスパラ評判購入ナビでは、公平な情報を掲載してきます。ドスパラを愛するがゆえの行動ですね。ドスパラ評判購入ナビに是非参加したいという方がいらっしゃいましたら、ページ右上のお問い合わせからご連絡下さい。色々な方とドスパラ評判購入ナビを運営していけたらと考えております。ドスパラ評判購入ナビを今後共よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ドスパラ購入を検討している方へ

ドスパラ評判購入ナビでは、納得してPCを購入したい方を応援しています。PCのカスタマイズに必要な基礎知識については「カスタマイズ攻略法」をご覧下さい。
ドスパラの製品一覧情報を見たい方は、「ドスパラ製品情報」をご確認下さい。

また、目的に合わせたマシンとカスタマイズ例を「目的別おすすめセット」のコーナーでご案内しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ドスパラ評判購入ナビでは、良質な内容を掲載することを目標としております。量より質(内容)というポリシーでやっております。多少、筆が遅いところもありますが、末永く見守って下さい。

皆様のご意見・ご要望を募集しております。ページ上部にある「お問い合わせ」からぜひ、ご連絡下さい。

ドスパラ評判購入ナビお知らせ

  1. 2018/5/16

    ドスパラ製品情報の記事が更新されました。
  2. 2018/3/21

    GALLERIA ZT 8700レビュー!! 人気No.2のGTX1060 6GB搭載PC!!の記事が掲載されました。
  3. 2018/3/17

    【初心者向け】通販サイトでビットコイン決済をする方法【ビットフライヤー】の記事が掲載されました。
  4. 2018/3/12

    ドスパラ製品情報の記事が更新されました。
  5. 2018/2/8

    ドスパラ製品情報の記事が更新されました。
過去の記事

メタボ管理人オススメ

ページ上部へ戻る