ベンチマークソフト スコアの目安

パソコンの性能を測定することができるベンチマークソフト。
多くのオンラインゲームでは独自のベンチマークソフトが用意されていて、「自分の持っているPCでプレイ可能なのか」、そして「どのくらい快適にプレイできるのか」という判断をするための指標となります。
人気のオンラインゲームのベンチマークテストのスコアの目安と、プレイするために必要なPCのスペックをまとめてみました。

▼ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド
▼ドラゴンクエストX
▼ファンタシースターオンライン2
▼ドラゴンズドグマオンライン
▼バイオハザード6
▼モンスターハンターフロンティアG

ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド

ファイナルファンタジーXIV 蒼天のイシュガルド世界的な人気を誇る「ファイナルファンタジーXIV(FF14)」。

2010年に運用が開始された「旧版(Ver.1.0)」は様々な不備や問題点があり、2012年に一旦サービスが終了されましたが、翌年の2013年に「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」として再始動。
2015年には大型アップデートがあり、現行の「
蒼天のイシュガルド」に、そして2017年6月20日に「紅蓮の解放者(リベレーター)」に大型アップデートされる予定となっています。

新バージョンがリリースされる度にベンチマークソフトもリニューアルされていて、「蒼天のイシュガルド」のベンチマークソフトはゲーミングPCの性能を示す指標のひとつとして、広く活用されています。
ベンチマークの測定時間は約8分半とかなり長いですが、「DirectX 11」と「DirectX 9」の両方に対応し、グラフィック設定も細かくいじれます。

 ベンチマークテストのスコア目安

スコア 評価 説明
7000 以上 非常に快適 非常に快適に動作します。ヌルヌル動きます。グラフィック設定をさらに高くしてOK。
5000~6999 とても快適 とても快適に動作します。こちらもグラフィック設定をより高品質にしてもOK。
3500~4999 快適 快適に動作します。こちらも多少グラフィック設定を高くしてもいいかも。
2500~3499 やや快適 まあ快適に動作します。余裕がありそうなら、少しグラフィック設定を高くしてみていいかも。
2000~2499 普通 ごく標準的に動作します。ヌルヌルな描画を求めている人には物足りないかも。
1500~1999 設定変更を推奨 プレイ自体は可能ですが、処理負荷によっては動作が重くなることも。グラフィック設定を下げたほうが無難。
1000~1499 設定変更が必要 こちらもプレイ自体は可能ですが、終始動作が重く感じます。グラフィック設定を低品質に変更しよう。
999 以下 動作困難 PCが動作するために必要なスペックを満たしていません。プレイはほぼ不可能です。

設定を最高品質、DirectX 11、1920×1080にして測定した場合、グラフィックカードの「NVIDIA GeForce GTX 960」または「NVIDIA GeForce GTX 1050」で、だいたい7000前後のスコアが出ます。

 PCの必要スペックと推奨スペック

  必要スペック(必要動作環境) 推奨スペック(推奨動作環境)
OS Windows Vista 32/64bit、Windows 7 32/64bit、Windows 8 32/64bit Windows 7 64bit、Windows 8 64bit
CPU Intel Core2 Duo 3GHz Intel Core i5 2.66GHz
メモリ 2GB (64bitOSの場合は4GB推奨) 4GB
ストレージ空き容量 20GB 20GB
グラフィックカード NVIDIA Geforce 8800以上、ATI Radeon HD 4770以上 NVIDIA Geforce GTX 660以上、AMD Radeon HD 7950以上
画面解像度 1280×720 1920×1080
インターネット ブロードバンド接続 ブロードバンド接続
サウンドカード DirectSound 対応サウンドカード(DirectX 9.0c以上) DirectSound 対応サウンドカード(DirectX 9.0c以上)
DirectX DirectX 9.0c以上 DirectX 9.0c以上

2017年6月20日に大型アップデートが予定されている「紅蓮の解放者(リベレーター)」の発表を受け、まだ仮ではありますが必要スペック(必要動作環境)が変更になりました。詳しくはこちら

ドラゴンクエストX

ドラゴンクエストXWii版に遅れること約1年、2013年にWindows版が発売され、根強い人気を誇る「ドラゴンクエストX オンライン」。
バージョン1「目覚めし五つの種族」、バージョン2「眠れる勇者と導きの盟友」、バージョン3「いにしえの竜の伝承」が発売されていて、2017年秋〜冬にかけてバージョン4が発売予定となっています。

ドラゴンクエストXのベンチマークソフトの最新版は、2015年9月に配信された「じゃんぼりぃの傘」。
グラフィック設定は最高品質・標準品質・低品質の3つから選択でき、解像度も4K(3840×2160)まで対応しています。

このベンチマークソフトもPCのスペックを測定する際によく使用されているのですが、ミドルレンジ以上の比較的性能が高いPCのスコアの伸びが非常に悪く、18000〜19000台に留まることが多いんです。
そのため、ハイスペックゲーミングPCの性能を細かく測定することに関しては不向きのソフトですので、単純に「ドラクエ10がプレイ可能かどうか」を判断するためのものと考えたほうがいいでしょう。

 ベンチマークテストのスコア目安

スコア 評価 説明
10000 以上 すごく快適 非常に快適に動作します。グラフィック設定をさらに高くしても難なく動作します。はぐれメタルが目印。
7000~9999 とても快適 とても快適に動作します。こちらもグラフィック設定をより高くしてもOK。キラーマシンが目印。
5000~6999 快適 快適に動作します。余裕があればグラフィック設定をいじっても大丈夫かも。スライムナイトが目印。
3000~4999 普通 標準的な動作をします。設定を低くすればもっと快適に動作するかも。スライムが目印。
2000~2999 やや重い プレイ自体は可能ですが、動作がやや重く感じるかも。設定を下げたほうが無難。ゴーレムが目印。
1000~1999 重い プレイ自体は不可能ではないですが、動作が重く感じます。設定を下げましょう。ばくだん岩が目印。
999 以下 動作困難 動作に必要なスペックをPCが満たしていません。設定を下げてもプレイは難しい。くさった死体が目印。

設定を最高品質、1920×1080にして測定した場合、グラフィックカードの「NVIDIA GeForce GT 740」で、10000手前ぐらいのスコアが出ます。
また、「GTX 900 シリーズ」や「GTX 10 シリーズ」であれば、18000以上のスコアが出ます。

 PCの必要スペックと推奨スペック

■デスクトップPC

  必要スペック(必要動作環境) 推奨スペック(推奨動作環境)
OS Windows Vista 32/64bit、Windows 7 32/64bit、Windows 8 32/64bit、Windows 8.1 32/64bit、Windows 10 32/64bit Windows 7 32/64bit、Windows 8 32/64bit、Windows 8.1 32/64bit、Windows 10 32/64bit
CPU Intel Core 2 Duo 1.6GHz相当以上 Intel Core i5 2.4GHz以上、AMD A10 3.4GHz以上
メモリ 2GB以上 4GB以上
ストレージ空き容量 空き容量 16GB 以上 空き容量 16GB 以上
グラフィックカード NVIDIA Geforce 7600 GT VRAM 256MB以上,、ATI Radeon HD 2600 Pro VRAM 256MB以上、Intel HD Graphics 2000 VRAM 256MB以上 NVIDIA Geforce GTX 650 VRAM 1GB以上、ATI Radeon HD 5800 Series VRAM 1GB以上
画面解像度 800×600 32bit カラー以上 1280×720 32bit カラー以上
インターネット ブロードバンド以上(常時接続必須) ブロードバンド以上(常時接続必須)
サウンドカード DirectSound 互換サウンドカード(DirectX 9.0c) DirectSound 互換サウンドカード(DirectX 9.0c)
DirectX DirectX 9.0c DirectX 9.0c

■ノートPC

  必要スペック(必要動作環境) 推奨スペック(推奨動作環境)
OS Windows Vista 32/64bit、Windows 7 32/64bit、Windows 8 32/64bit、Windows 8.1 32/64bit、Windows 10 32/64bit Windows 7 32/64bit、Windows 8 32/64bit、Windows 8.1 32/64bit、Windows 10 32/64bit
CPU Intel Core 2 Duo 1.6GHz相当以上 Intel Core i5 2.0GHz以上、AMD A10 2.8GHz以上
メモリ 2GB以上 4GB以上
ストレージ空き容量 空き容量 16GB 以上 空き容量 16GB 以上
グラフィックカード NVIDIA Geforce GT 230M VRAM 256MB以上、ATI Mobility Radeon HD 2600 VRAM 256MB以上、Intel HD Graphics 3000 VRAM 256MB以上 NVIDIA Geforce GT 640M VRAM 1GB以上、ATI Mobility Radeon HD 5800 Series、VRAM 1GB以上
画面解像度 800×600 32bit カラー以上 1280×720 32bit カラー以上
インターネット ブロードバンド以上(常時接続必須) ブロードバンド以上(常時接続必須)
サウンドカード DirectSound 互換サウンドカード(DirectX 9.0c) DirectSound 互換サウンドカード(DirectX 9.0c)
DirectX DirectX 9.0c DirectX 9.0c

ファンタシースターオンライン2

ファンタシースターオンライン2こちらも日本で人気のオンラインゲーム「ファンタシースターオンライン2(PSO2)」。
“2”と銘打たれているものの、1とは完全にストーリーが独立しているので、新規のプレイヤーも楽しむことができるのが魅力のひとつです。

2012年7月に「EPISODE1」が正式にサービス開始となり、2013年7月に「EPISODE2」、2014年8月に「EPISODE3」と大型アップデートされ、現在は2016年1月にアップデートされた「EPISODE4」が最新版となります。

PSO2のベンチマークソフトの最新版は「PSO2キャラクタークリエイト体験版 EPISODE4」。
パソコンの性能に対して素直にスコアを伸ばす傾向があるので、ゲーミングPCのスペックを示すための指標として広く活用されています。
ただし、測定の最後に表示される評価はかなり雑に設定されているので、スコアのみを参考にしたほうがいいです。

 ベンチマークテストのスコア目安

スコア 評価 説明
5001 以上 快適に動作する 評価は「快適」とされていますが、実際はここが最低ライン。常時快適にプレイしたいなら倍以上のスコアがないと厳しい。
2001~5000 標準的な動作 評価は「標準的な動作」とされていますが、実際は動作が重くなりがちでプレイに適しません。
2000 以下 動作が重い 「動作が重い」どころか、プレイすること自体難しいです…。グラフィック設定を下げても難しいかも…。

※公式では、スコアの目安は上記のように公表されていますが、実際のユーザーの意見では最低でも5000以上のスコアが必要とのこと。
快適にプレイしたいなら10000はほしい…という意見が多いです。スコアが30000を超えれば、超快適にプレイできる状態
になります。

設定を描画6(最高品質)、1920×1080にして測定した場合、グラフィックカードの「NVIDIA GeForce GTX 750Ti」で8000前後くらいのスコアが出ます。
また、「GeForce GTX 970」または「GeForce GTX 1060 3GB」であれば、30000以上のスコアが出ます。
(PSO2はCPUのスペックもスコアに大きく関わってくるので、上記はあくまでも目安として見て下さい…)

 PCの必要スペックと推奨スペック

  必要スペック(必要動作環境) 推奨スペック(推奨動作環境)
OS Windows Vista 32/64bit、Windows 7 32/64bit、Windows 8.1 32/64bit、Windows 10 32/64bit Windows Vista 32/64bit、Windows 7 32/64bit、Windows 8.1 32/64bit、Windows 10 32/64bit
CPU Intel Core 2 Duo E6300 以上 Intel Core 2 Duo E6300 以上
メモリ 2GB以上 2GB以上
ストレージ空き容量 40GB以上(NTFS形式) 40GB以上(NTFS形式)
グラフィックカード NVIDIA GeForce 7800GT、Radeon HD2900XT、または同クラスのグラフィックカード NVIDIA GeForce 7800GT、Radeon HD2900XT、または同クラスのグラフィックカード
画面解像度 1280×720ドット以上 1280×720ドット以上
インターネット ブロードバンド環境(ADSL・光ファイバーなど) ブロードバンド環境(ADSL・光ファイバーなど)
サウンドカード DirectX対応サウンドカード(DirectX 9.0c以上) DirectX対応サウンドカード(DirectX 9.0c以上)
DirectX DirectX 9.0c以上 DirectX 9.0c以上

PSO2は、必要スペックも推奨スペックも同じです。

ドラゴンズドグマオンライン

ドラゴンズドグマオンライン発売初日だけで70万ダウンロードを達成するほどの人気を誇る「ドラゴンズドグマ オンライン(DDON)」。
2015年8月から「シーズン1」が正式にサービス開始となり、2016年6月には「シーズン2 精霊龍の王」がスタート。

まだ歴史の浅いオンラインゲームではありますが、人気作ということもあり、DDONのベンチマークソフトもゲーミングPCの性能を示す指標のひとつとして利用されることが多くなってきています。

しかし、DDONのベンチマークソフトはドラゴンクエストXのベンチマークソフトと同様に、ミドルレンジ以上のPCから急激にスコアの伸びが悪くなり、性能差を正確に測定することができません。
あくまで「低スペックPC専用ソフト」or「DDONがプレイ可能かどうか」を判断するためのソフトだと考えたほうがいいですね。

 ベンチマークテストのスコア目安

スコア 評価 説明
7000 以上 とても快適 とても快適に動作します。グラフィック設定をさらに高くしても余裕を持って動作できると思います。
3500~6999 快適 快適に動作します。こちらも多少グラフィック設定を高くしても問題ないです。
2000~3499 普通 ごく標準的に動作します。グラフィック設定を下げればもっと快適にプレイすることも可能です。
1000~1999 設定変更を推奨 プレイ自体は不可能ではないですが、動作が重く感じます。グラフィック設定を下げることをオススメします。
999 以下 動作困難 PCが動作するために必要なスペックを満たしていません。プレイはほぼ不可能です。

設定を最高品質、1920×1080にして測定した場合、グラフィックカードの「NVIDIA GeForce GTX 750Ti」で7500前後ぐらいのスコアが出ます。
また、「GeForce GTX 10 シリーズ」であれば、10000以上のスコアが出ます。

 PCの必要スペックと推奨スペック

  必要スペック(必要動作環境) 推奨スペック(推奨動作環境)
OS Windows 7 32/64bit、Windows 8 32/64bit、Windows 10 32/64bit Windows 7 64bit、Windows 8 64bit、Windows 10 64bit
CPU Intel Core 2 Duo E7600 3.06GHz 以上 Intel Core i5-4690 3.5GHz 以上
メモリ 2GB 以上 4GB 以上
ストレージ空き容量 20GB 以上  
グラフィックカード NVIDIA GeForce 8800 以上、ATI Radeon HD 3870 NVIDIA GeForce GTX 570 以上、AMD Radeon HD 7870
画面解像度 1280×720 以上 1920×1080 以上
インターネット ADSL 1.0Mbps以上の常時接続インターネット回線 ADSL 1.0Mbps以上の常時接続インターネット回線
DirectX DirectX 9.0c 以上 DirectX 9.0c 以上

バイオハザード6

バイオハザード6サバイバルホラーゲームとして絶大な人気を持つバイオハザードシリーズの第8作目「バイオハザード6」。
PS3版、Xbox 360版に遅れること約6ヶ月、2013年3月にWindows版が発売され、2014年12月31日時点で累計販売本数は670万本に達しています。

2017年1月26日には「バイオハザード7 レジデント イービル」が発売されましたが、こちらのベンチマークはスコアではなくフレームレートで結果が表示されます。
まだ発売されたばかりということもあり、バイオ6のベンチマークソフトはまだまだ活躍しそうです。

バイオ6のベンチマークソフトはスコアによってS〜Dの5段階で評価されますが、各評価に対しての具体的なスコアは特に公表されていません。
この点がちょっと不親切だな〜と思ったので、ベンチマークソフトをダウンロードして、自力で調べてみました。それが下記です。

 ベンチマークテストのスコア目安

スコア 評価 説明
6000 以上 S とても快適に動作します。グラフィック設定をさらに高くしてもOK。
4500~5999 A 評価Sほどではありませんが、充分快適にプレイすることが可能。こちらもグラフィック設定を多少高くしてもOK。
3000~4499 B 標準的な動作が見込めます。ヌルヌル動くとは言えませんが、問題なくプレイできるでしょう。ここが基準。
1200~2999 C プレイ自体は可能ですが、場合によって動作が重くなる可能性が。グラフィックの設定を下げることをオススメします。
1199 以下 D 動作するために必要なスペックをPCが満たしていません。プレイはほぼ不可能です。

設定を最高品質、1920×1080にして測定した場合、グラフィックカードの「NVIDIA GeForce GTX 750Ti」で6500前後ぐらいのスコアが出ます。
また、「GeForce GTX 1050 / 1050Ti / 1060 3GB / 1060」であれば10000以上のスコアが、「GeForce GTX 1070 / 1080 / TITAN X」であれば20000以上のスコアが出ます。

 PCの必要スペックと推奨スペック

  必要スペック(必要動作環境) 推奨スペック(推奨動作環境)
OS Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8 Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8
CPU Intel Core 2 Duo 2.4 Ghz 以上、AMD Athlon X2 2.8 Ghz 以上 Intel Core 2 Quad 2.7 Ghz 以上、AMD Phenom™ II X4 3 Ghz 以上
メモリ 2GB RAM 4GB RAM
ストレージ空き容量 16GB以上の空き容量 16GB以上の空き容量
グラフィックカード NVIDIA GeForce 8800GTS 以上 NVIDIA GeForce GTX 560以上
インターネット ネットワーク接続環境が必須(Valve社のSTEAMシステム使用) ネットワーク接続環境が必須(Valve社のSTEAMシステム使用)
サウンドカード 標準オーディオデバイス 標準オーディオデバイス
DirectX DirectX 9.0c 以上 DirectX 9.0c 以上

バイオハザード6はNVIDIAのGeForceシリーズのGPUを推奨しています。

モンスターハンターフロンティアG

モンスターハンターフロンティアG2007年より運用が開始された「モンスターハンターフロンティア(MHF)」。
2013年の大型アップデートにより「モンスターハンターフロンティアG(MHF-G)」と改名され、ベンチマークソフトは「第1弾」「第2弾(絆)」「第3弾(大討伐)」の3つが発表されています。

2016年11月9日に再び大型アップデートがあり「モンスターハンターフロンティアZ(MHF-Z)」に生まれ変わりましたが、新しいベンチマークソフトはまだ発表されていないようです。(今後発表されるのでしょうか…?)

MHFの「第3弾(大討伐)」のベンチマークソフトは、PSO2と同様、PCのスペックに対して素直にスコアが伸びるソフトです。
ゲームがプレイ可能かどうかを保証するソフトではなく、純粋にPCの性能自体を数値化してくれるので、ゲーミングPCのスペックを計る上で非常に役立つ存在となっています。

 ベンチマークテストのスコア目安

MHFのベンチマークは測定終了後にスコアが表示されるのみで、「快適」とか「重い」とか、評価が表示されることはありません。
公式でもスコアの目安などは公表されていないのですが、だいたい5000以上のスコアが出ればプレイ可能だと言われています。

設定を最高品質、1920×1080にして測定した場合、グラフィックカードの「NVIDIA GeForce GTX 750Ti」で9000前後ぐらいのスコアが出ます。
また、「GTX 1050 / 1050Ti」であれば15000前後のスコアが、「GTX 1060 3GB / 1060 6GB」であれば25000前後、「GTX 1070」なら35000前後、「GTX 1080」は45000前後、「TITAN X」は60000前後と、グラフィックカードのスペック差が顕著に表れる結果となります。

 PCの必要スペックと推奨スペック

  必要スペック(必要動作環境) 推奨スペック(推奨動作環境)
OS Windows Vista 32bit、Windows 7 32/64bit、Windows 8 32/64bit、Windows 8.1 32/64bit、Windows 10 32/64bit Windows Vista 32bit、Windows 7 32/64bit、Windows 8 32/64bit、Windows 8.1 32/64bit、Windows 10 32/64bit
CPU インテル Pentium 4 2.0GHz以上、AMD Athlon 64 3500+以上 インテル Core 2(Duo、Extreme、Quad)シリーズ、インテル Core (i3、i5、i7)シリーズ、インテル Core (i5-2000、i7-2000) シリーズ、AMD Athlon X2 デュアルコア・プロセッサ4600+以上、AMD Phenom シリーズ、AMD AthlonII シリーズ、AMD PhenomII シリーズ、AMD A-Series APU(A8-3850,A6-3650)
メモリ 512MB以上 1GB以上
ストレージ空き容量 20GB以上 20GB以上
グラフィックカード NVIDIA GeForce FX 5700シリーズ以上、NVIDIA GeForce 6600シリーズ以上、NVIDIA GeForce 7600シリーズ以上、ATi Radeon 9500シリーズ以上、AMD Radeon HD 4350シリーズ以上、AMD Radeon HD 5450シリーズ以上 NVIDIA GeForce 8600シリーズ以上、NVIDIA GeForce 9600シリーズ以上、NVIDIA GeForce 200シリーズ以上、AMD Radeon HD 2600シリーズ以上、AMD Radeon HD 3650シリーズ以上、AMD Radeon HD 4650シリーズ以上、AMD Radeon HD 5550シリーズ以上、AMD Radeon HD 6450シリーズ以上
画面解像度 800×600 1600×1200
インターネット ADSL1.0Mbps以上の常時接続インターネット回線 ADSL1.0Mbps以上の常時接続インターネット回線
サウンドカード DirectSound対応16bitステレオ44.1kHz、または48kHz WAVE形式が再生可能なサウンドカード DirectSound対応16bitステレオ44.1kHz、または48kHz WAVE形式が再生可能なサウンドカード
DirectX DirectX 9.0c以上 DirectX 9.0c以上

※上記はモンスターハンターフロンティアZの必要・推奨スペックとなります。



ドスパラPC 売れ筋&人気ランキング


-----------------------------------------------
1位:GALLERIA XV:★★★★★
-----------------------------------------------
GALLERIA XV

-----------------------------------------------
2位:GALLERIA XT:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA XT

-----------------------------------------------
3位:GALLERIA ZZ:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA ZZ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota

ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota新宿で働くWEBプロデューサー

投稿者プロフィール

ドスパラ評判購入ナビは、ドスパラPCをこよなく愛するmasagorotaが運営する個人サイトです。新宿でWEBプロデューサーとして働きながら、ドスパラ評判購入ナビを運営しておりますので、少々筆が遅いところもありますが、出来うる限り更新していきますので、応援をよろしくお願い致します!ドスパラ評判購入ナビでは、公平な情報を掲載してきます。ドスパラを愛するがゆえの行動ですね。ドスパラ評判購入ナビに是非参加したいという方がいらっしゃいましたら、ページ右上のお問い合わせからご連絡下さい。色々な方とドスパラ評判購入ナビを運営していけたらと考えております。ドスパラ評判購入ナビを今後共よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ドスパラ購入を検討している方へ

ドスパラ評判購入ナビでは、納得してPCを購入したい方を応援しています。PCのカスタマイズに必要な基礎知識については「カスタマイズ攻略法」をご覧下さい。
ドスパラの製品一覧情報を見たい方は、「ドスパラ製品情報」をご確認下さい。

また、目的に合わせたマシンとカスタマイズ例を「目的別おすすめセット」のコーナーでご案内しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ドスパラ評判購入ナビでは、良質な内容を掲載することを目標としております。量より質(内容)というポリシーでやっております。多少、筆が遅いところもありますが、末永く見守って下さい。

皆様のご意見・ご要望を募集しております。ページ上部にある「お問い合わせ」からぜひ、ご連絡下さい。

売れ筋PCランキング

メタボ管理人オススメ

ページ上部へ戻る