カードリーダーとは – パソコン用語集

card_readerカードリーダーとは、メモリーカードのデータをパソコンで読み取る機器のことです。

正式名称はメモリカードライター。種類は内臓か外付けタイプがあり、BTOパソコン(「Build To Order」の略称で、受注生産を意味します。)ではパソコンの内部に搭載することができます。スマホやカメラで撮影した画像や動画をパソコンに保存・管理したい人は持っておいた方が重宝すると思います。

メモリカードの種類

下記に、世間一般に普及しているメモリーカードの種類や説明をまとめたので、参考にしてください!

SDカード(SDメモリーカード)
SDカード
32mm x 24mm

デジタルカメラやデジタルビデオカメラなどに採用されていて、大きさは切手とほぼ同じぐらい。
著作権を保護できる機能が備わっているので、音楽などの著作権保護が必要なコンテンツにも使用できる。
容量は最大2GB。後にSDHCカード(容量が4~32GB)、SDXCカード(64GB~2TB)と、SDカードの上位規格が出てくる。
また、読み書き時のデータ転送速度によって「CLASS2」「CLASS4」「CLASS6」「CLASS8」「CLASS10」と分けられており、数字が大きいほど転送速度が速くなっている。

マルチメディアカード(MMC)
マルチメディアカード
32mm x 24mm
SDカードの前身となったメモリーカード。日本ではあまり見られなくなってきたが、欧米ではまだ現役。
大きさはSDカードと同じだが、厚さはこちらのほうが薄い。容量は最大4GB。
SDカードと互換性があり、SDカードのスロットで使用することが可能。(逆は不可能。)
mini SDカード
Mini SDカード
21.5mm x 20mm
ガラパゴス携帯(通称ガラケー)などに多く採用されたメモリーカード。SDカードの小型版でひと回り小さい。
容量は32MB~2GBまで幅広く用意されている。
また、アダプターを装着することですることで、SDカードとしても使用可能。
micro SDカード
Micro SDカード
11mm x 15mm
スマートフォンやオーディオプレーヤーなどに採用されている。サイズはmini SDカードよりさらに小さい。
容量は128MG~2GBまで用意されている。後にmicro SDHCカード(容量が4~32GB)、micro SDXCカード(64GB~200GB)と、micro SDカードの上位規格が出てくる。
また、アダプターを装着することで、micro SDカードやSDカードとしても使用可能。
TransFlash(T-Flash)
TransFlash
11mm x 15mm
micro SDカードの前身となったメモリーカード。サイズもmicro SDカードと同じ。
TransFlashとmicro SDカードは完全な互換性を持っているため、片方に対応するアダプターをもう片方でも使用することが可能。
「TransFlash=micro SDカード」だと思ってもらってOK!
xDピクチャーカード
xDピクチャーカード
20mm x 25mm
富士フィルムとオリンパスが共同開発して発売されたメモリーカード。
使用はデジタルカメラのみに限定される。
容量は16~512MG。後にTypeM(256MG~2GB)、TypeM+(1~2GB、転送速度がUP)、TypeH(256MG~2GB、さらに転送速度がUP)と、上位規格が出てくる。
スマートメディア(SM)
スマートメディア
45mm x 37mm
東芝によって開発され、富士フィルム、オリンパスなどが積極的に採用してきた。
しかし、現在は生産が終了し、新たに作られた「xDピクチャーカード」に移行している。
ライトプロテクト(書き込み禁止)機能があり、○の部分に付属の専用シールを貼ることで書き込みができなくなる。
メモリースティック(MS)
メモリースティック
50mm x 21.5mm
ソニーとサンディスクが開発したメモリーカード。
ほぼソニーの製品(ビデオカメラ、オーディオプレーヤー、PlayStation Portableなど)でのみの採用。
容量は4~128MB。後にメモリースティックPRO(256MG~32GB)という上位規格が出てくる。
マジックゲートという著作権保護機能がついており、音楽や映像などの著作権保護が必要なコンテンツにも使用可能。
メモリースティック Duo
メモリースティック Duo
31mm x 20mm
メモリースティックをほぼ半分の大きさに小型化したもの。
容量は最大128MB。後にメモリースティック Pro Duo(~32GB)、PRO-HG Duo(~32GB、転送速度UP)、XC Duo(2TB)、XC-HG Duo(2TB、転送速度UP)と、上位規格が出てくる。
アダプターを装着することで、通常のメモリースティックとしても使用できる。
コンパクトフラッシュ(CF)
コンパクトフラッシュ
42.8mm x 36.4mm
サイズが現在普及しているメモリーカードの中でも大きいため、他のメモリーカードより大容量(最大521GB)での書き込みが可能。
その特性を生かし、高品質な写真の撮影が行われるデジタル一眼レフカメラで多く採用されている。
厚みが異なるTypeI(3.3mm)とTypeII(5mm)が存在し、TypeIIには大容量化や機能追加などがほどこされている。
TypeIIに対応するスロットでは、TypeIも使用することが可能。(逆は不可能。)

カードリーダーについてもっと詳細な解説を読みたいという方は、下記のページを参考にしてください!

 

 

 



ドスパラPC 売れ筋&人気ランキング


-----------------------------------------------
1位:GALLERIA XF:★★★★★
-----------------------------------------------
GALLERIA XV

-----------------------------------------------
2位:GALLERIA XT:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA XT

-----------------------------------------------
3位:GALLERIA ZG i7-9700K:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA ZZ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota

ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota新宿で働くWEBプロデューサー

投稿者プロフィール

ドスパラ評判購入ナビは、ドスパラPCをこよなく愛するmasagorotaが運営する個人サイトです。新宿でWEBプロデューサーとして働きながら、ドスパラ評判購入ナビを運営しておりますので、少々筆が遅いところもありますが、出来うる限り更新していきますので、応援をよろしくお願い致します!ドスパラ評判購入ナビでは、公平な情報を掲載してきます。ドスパラを愛するがゆえの行動ですね。ドスパラ評判購入ナビに是非参加したいという方がいらっしゃいましたら、ページ右上のお問い合わせからご連絡下さい。色々な方とドスパラ評判購入ナビを運営していけたらと考えております。ドスパラ評判購入ナビを今後共よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ドスパラ購入を検討している方へ

ドスパラ評判購入ナビでは、納得してPCを購入したい方を応援しています。PCのカスタマイズに必要な基礎知識については「カスタマイズ攻略法」をご覧下さい。
ドスパラの製品一覧情報を見たい方は、「ドスパラ製品情報」をご確認下さい。

また、目的に合わせたマシンとカスタマイズ例を「目的別おすすめセット」のコーナーでご案内しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ドスパラ評判購入ナビでは、良質な内容を掲載することを目標としております。量より質(内容)というポリシーでやっております。多少、筆が遅いところもありますが、末永く見守って下さい。

皆様のご意見・ご要望を募集しております。ページ上部にある「お問い合わせ」からぜひ、ご連絡下さい。
ページ上部へ戻る