ゲームの祭典「闘会議2016」でGALLERIAが大活躍!!

ゲームの祭典「闘会議2016」でGALLERIAが大活躍!!

2016年1月30日・31日の2日間行われた、ゲームの祭典「闘会議2016」。

テレビゲームなどのデジタルなものから将棋のようなアナログゲームまで、ありとあらゆるジャンルのゲームを集めた「闘会議2016」は、来場者も一緒に参加できる“日本最大級のゲームイベント”です。

任天堂の新ハード機やスマホゲームなどの目新しいものが台頭してきている今日このごろではありますが、圧倒的人気を誇り続けるPCゲームも負けてはいません。

「闘会議2016」のPCゲームの運用には、ドスパラがなんと200台以上ものPCを提供したとのこと!ドスパラさん太っ腹すぎます!

と、いうことで、長時間にわたる稼働にドスパラのPCたちは耐えられたのか、「GALLERIA」の活躍を見届けて参りました!!
 

■「GALLERIA」が活躍したブースはココだ!!

闘会議2016でGALLERIAが活躍したブース※画像をクリックすると拡大画像がご覧頂けます。

会場は幕張メッセ国際展示場の1~6ホール。
去年より2倍の広さのフロアに拡大されたとのことで、ゲームの人気は衰えるどころか勢いを増しているように思えます…!

ドスパラのPCは「闘会議2016」の公式ゲームパソコンとして、計11ブースで活躍しておりました!
会場の全ブースの1/3をドスパラPCが支えているということになりますね!
ではでは、さっそく当日の様子を交えながらレポートしていきますよ~。
 

■人があふれる幕張メッセ!

闘会議2016の会場に向かって歩く人々私が参加してきたのは初日の30日。昼の12時頃に着いたんですが、駐車場にはひっきりなしに車が…。
会場に向かって歩いていくと、以外に小学生ぐらいの子供を連れた家族が多いことにビックリ。
最近の子は「YouTube」や「ニコニコ動画」を嗜んでいらっしゃるのだと思うと、「時代だなぁ…」なんて感慨深くなりますね。

東京ゲームショウよりも若い子が比較的多く感じられましたが、50代・60代と思われる方も決して少なくなく、ゲームというコンテンツは幅広い年齢層に愛されているんだと再確認しました。
女性もかなり多かったですね。

メッセの前には大きなバナーが設置されていて、胸が高まります…!

闘会議2016に入場する際に渡される「遊者みちびきの書」入場する際にスタッフから手渡される「遊者みちびきの書」という名のパンフレット。
各ブースのタイムテーブルや見どころなどの情報がまとめられていまして、これがなかったらとても回りきれなかったと思います。。。
さすがみちびきの書。

闘会議2016に入場する際に渡される「★0勲章」また、みちびきの書と一緒に「★0勲章」が配布されました。
会場内のイベントに参加したり、ゲームに勝利したりすることで勲章をゲットできるので、それをこの台紙に貼り付けるという訳ですね。
“ユーザー参加型”イベントならではな配布物に、ドキがムネムネです。

闘会議2016の会場内は人がいっぱい会場内に入ると、予想以上の人にびっくり!
ちゃんとGALLERIAの元にたどりつけるか不安になってきました。。。
 

■真っ先に向かった「自作ゲームエリア」!

パンフレットの自作ゲームエリアに「supported by GALLERIA」の文字がまず真っ先に向かったのは「自作ゲームエリア」。
パンプレットに「supported by GALLERIA」の文字を見つけたからには、「最初に行かねば」という使命感のようなものが湧き上がりました。
人の波をかき分け、ぶつかっては平謝りし、入口からかなり遠いブースを目指します。

闘会議2016の自作ゲームブースに「GALLERIA」の看板がそしてようやく見つけた「GALLERIA」の文字!!

闘会議2016の自作ゲームブースにドスパラのプロモーションビデオが「闘会議2016公式ゲームパソコン」と紹介されていて、なんだか私まで誇らしくなってきます…!
画面にはパソコンの組み立てを行っている映像や、熱意を感じるプロモーションビデオが流れていました。
来場者の方に向けた宣伝も抜かりなしですね。

自作ゲームのプレイ画面ここは「青鬼」や「ひぐらしの鳴く頃に」、「虚白の夢」、「殺戮の天使」などなど、有名な自作ゲームを実際にプレイできるブースです。
懐かしいものから最新のものまで計30タイトルもあり、子供から大人まで楽しめるスペースとなっています。

★自作ゲーム30タイトルはこちら!
平安京エイリアン【TK-80】、SPACEMOUSE、ドアドア【PC-8801】、superdepth【PC-9801UV】、超連射68k 【X68000】、コープスパーティ【PC-9801】、ラブマッチテニス【PC-6001】、東方旧作【PC-9801】、NATTOU SHOOTER(自作ゲームフェス2016セレクション)、シルフェイド幻想譚、ひぐらしの鳴く頃に、LA-MULANA(オリジナル版)、 Downwell、洞窟物語、幻走スカイドリフト、I am Bread、獄都事変、Papers,Please、青鬼、ふしぎの城のヘレン、魔女の家、ファラオリバース、ACE OF SEAFOOD、虚白の夢、マヂヤミ彼女、インフレクエスト2、hero and daughter、ツクールMV、ツクールMMO、殺戮の天使

闘会議2016の自作ゲームブースで使用されているCritea VF-HG10そしてこのブースで使用されていたPCがこちら!Critea VF-HG10です!
ゲーミングPCであるGALLERIAシリーズが起用されていると思っていたんですが、これは仕事や普段使い用として販売されているシリーズですね。
詳しいスペックは下記の通りですよ!

Critea VF-HG10
Critea VF-HG10
CPU インテル Core i7-6500U
(デュアルコア/HT対応/定格2.50GHz/TB時最大3.10GHz/L3キャッシュ4MB)
マザーボード モバイル インテル 100シリーズ チップセット搭載マザーボード
メモリ 8GB DDR3L SO-DIMM
(PC3-12800/4GBx2/デュアルチャネル)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 950M 2GB + インテル HD グラフィックス520
(NVIDIA Optimus テクノロジーによる切り替えに対応)
ディスプレイ 17.3 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ(※3)
(1920 x 1080 ドット表示)
SSD 【無料プレゼント中】120GB SSD (M.2接続 2280)
HDD 500GB, 5400rpm, 2.5インチ, SATA 3Gb/s 接続 (SATAII)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
バッテリー リチウムイオンバッテリー(約3.7時間)
OS Windows 10 Home 64bit のインストール

>>「Critea VF-HG10」のレビューはこちら!
 

■世界中が大熱狂!「マインクラフト」のブースへ!

闘会議2016の「マイクラ大運動会~俺達の新国立競技場~」というブースさて、続いて向かったのは「マイクラ大運動会~俺達の新国立競技場~」というブース。
全てがブロックで出来た世界で、さまざまな物を創造できる「マインクラフト」というゲームのブースでして、ここでもドスパラのPCが活躍していましたよ。

モニターに貼られた「GALLERIA」のステッカーほら!ズームアップしてみると、モニターに「GALLERIA」のステッカーが!

「マイクラ大運動会~俺達の新国立競技場~」プレイ画面大勢のユーザーが協力して作った競技場を舞台にして、有名ゲーム実況者と来場者が対戦できるという夢のようなブース。
小さなお子さんからお父様お母様まで、幅広い年齢層の方が楽しんでおられました。
ここで使用されたPCはGALLERIA XF。詳細スペックは下記の通りになりますよ~。

GALLERIA XF
GALLERIA XF
CPU インテル Core i7-6700 プロセッサー
(クアッドコア, 定格 3.40GHz, ターボ・ブースト時最大 4.00GHz,
8MB L3 キャッシュ, インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
マザーボード インテル H170 チップセット搭載 ATX マザーボード
メモリ 8GB PC4-17000 ※1
(DDR4 SDRAM, 4GBx2, デュアルチャネル, 最大 64GB)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX970 4GB(PCI Express3.0)
SSD 【無料プレゼント中】250GB SSD
HDD 2TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA Ⅲ)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ケース オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
電源 500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
OS Windows 10 Home 64bit のインストール

 

■日本最大級のフィールドでバトル!「VRラジコン戦車バトル」!

闘会議2016の「VRラジコン戦車バトル」ブースさて、会場をうろついていると、ゴーグルのようなもの(ヘッドマウントディスプレイ)を付けて必死にリモコンを操作している男の子達を発見。
どうやら「VRラジコン戦車バトル」というブースのようです。

ラジコン戦車日本最大級のフィールドの中で、ラジコン戦車を操作して対戦するというアツいブース。
しかも、操縦者はラジコンに搭載されたカメラ視点で戦えるとあって、臨場感たっぷりですよね…!

「VRラジコン戦車バトル」ブース後から知ったんですが、このブースではGALLERIA XTが活躍していたようです!
ラジコンに気を取られてGALLERIAの存在に気づきませんでした…。失態です…。
スペックの詳細は下記の通りですよ!

GALLERIA XT
GALLERIA XT
CPU インテル Core i7-6700 プロセッサー
(クアッドコア, 定格 3.40GHz, ターボ・ブースト時最大 4.00GHz,
8MB L3 キャッシュ, インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
マザーボード インテル H170 チップセット搭載 ATX マザーボード
メモリ 8GB PC4-17000 ※1
(DDR4 SDRAM, 4GBx2, デュアルチャネル, 最大 64GB)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX960 2GB(PCI Express3.0)
SSD 【無料プレゼント中】250GB SSD
HDD 2TB, SATA 6Gb/s 接続 (SATA Ⅲ)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
ケース オリジナル ガレリア専用 KTケース ブラック(ATX)
電源 500W 静音電源 (AcBel 製 / 80PLUS BRONZE)
OS Windows 10 Home 64bit のインストール

 

■憧れの実況者と一緒にゲーム実況!「ゲーム実況ストリート」!

闘会議2016の「ゲーム実況ストリート」ブースさてさて、会場の奥から入口まで戻って参りましたよ。
こちらは「ゲーム実況ストリート」のブースですが、人気実況者「コジマ店員」さんのまわりにはたくさんの人だかりが…!

「ゲーム実況ストリート」で使用されているGALLERIA QSF960HE(B)このブースでもドスパラのPCがありました!
Damned」というホラーゲームのプレイにGALLERIA QSF960HE(B)が使用されていましたよ!
詳細スペックは下記をご覧ください。

GALLERIA QSF960HE(B)
GALLERIA QSF960HE(B)
CPU インテル Core i7-6700HQモバイル・プロセッサー
(クアッドコア, 定格 2.60GHz,ターボ・ブースト時最大 3.50GHz,
6MB L3キャッシュ, インテル ハイパースレッディング・テクノロジー対応)
マザーボード モバイル インテル HM170 Express チップセット
メモリ 8GB PC4-17000(※1)
(DDR4 SO-DIMM, 4GB x2, デュアルチャネル, 最大 32GB)
グラフィックス NVIDIA GeForce GTX 960M 2GB + インテル HD グラフィックス530
(NVIDIA Optimus テクノロジーによる切り替えに対応)
ディスプレイ 15.6 インチ フルHD 非光沢ワイド液晶ディスプレイ(※3)
(1920 x 1080 ドット表示)
SSD 【無料プレゼント中】120GB SSD (M.2接続 2280)
HDD 500GB, 5400rpm, 2.5インチ, SATA 3Gb/s 接続 (SATAII)
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ
バッテリー リチウムイオンバッテリー(約2.2時間)
OS Windows 10 Home 64bit のインストール

 

■あの“電王pananza”に挑戦できる「将棋所」!

電王pananzaに挑戦できる「将棋所」ブースド派手なブースが目立つ中、こじんまりとしたブースを発見。
ここではあの「電王pananza」と将棋の対戦ができるんです!
「電王pananza」とは、現役プロ棋士に勝利した最強の将棋ソフトのことで、来場者は果敢に挑戦していました!
ここで使用されているタブレットももちろんドスパラのものでして、Diginnos DG-D08IWBが起用されています!
詳しいスペックは下記の通りです。

Diginnos DG-D08IWB
Diginnos DG-D08IWB
CPU インテル Atom Z3735F プロセッサー
(クアッドコア, 定格 1.33GHz, 最大 1.83GHz, キャッシュ2MB)
メモリ 2GB DDR3L
グラフィックス インテル HDグラフィックス (CPU内蔵)
ディスプレイ 8インチ液晶 (※3)
(1280×800ドット表示/ 10点マルチタッチ対応)
ストレージ 16GB eMMC
ウェブカメラ 約200万画素 WEBカメラ フロント x1,リア x1
バッテリー リチウムイオンバッテリー (約6.1時間 JEITA2.0)
OS Windows 10 Home 32bit のインストール

 

■その他、会場内の様子をピックアップ!

さてさて、ドスパラのPCが使用されているブース以外にもいろんなブースを回って来たので、ちょっと紹介させていただきます。
「参加したかったけど行けなかった…」という方に、少しでも会場内の熱気が届きますように!

闘会議2016の「闘会議GP-グリーンステージ-」ブースこちらは「闘会議GP-グリーンステージ-」のブース。
立派なセットが組まれていて思わず足を止めたんですが、右端のスタッフさんがいい味出してますねぇ。
私が訪れた時には「レインボーシックス シージ」というFPSゲームの決勝戦が行われていまして、手に汗握る展開に大変興奮致しました…!

闘会議2016の「Splatoon」ブースこちらは「Splatoon」のブースなんですが、ほんとにすごかった…!
人、人、人でいっぱいで、さすがは大人気ゲームのブースだなぁと圧倒されましたね。
ここでは日本全国で行われたSplatoon甲子園の決勝戦が行われ、各地区を勝ち抜いた10チームが激戦を繰り広げておりました!

「Splatoon」ブースの裏側ちなみに、激戦の裏側ではかわいいイカちゃんのイラストと記念写真を撮影できるようになっていましたよ(笑)

闘会議2016の「XFLAG バトルコロシアム」ブース「XFLAG バトルコロシアム」のブースでは、ユーチューバーとしても有名な「マックスむらい」さんと「HIKAKIN」さんが!
「マックスむらいチーム」と「HIKAKINチーム」に分かれ、モンストでアツいバトルを繰り広げておりました!

闘会議2016の「ユニゾンリーグ闘会議パーティ!/エイチーム」ブースこちらの「ユニゾンリーグ闘会議パーティ!/エイチーム」のブースではボインなかわいこちゃんが…!!
「今から写真撮ってOKよ~」という声とともにカメラを連射させたのは言うまでもありません。

闘会議2016の「ゲーム実況ストリート」の「対戦!ボンバーマン」の回「ゲーム実況ストリート」の「対戦!ボンバーマン」の回。
人気実況者の「けんじぃ」さんと「ズズ」さんがファンの方々を盛り上げていました。
こんなに近くで実況者の方と触れ合えるのは、このブースならではですね。

闘会議2016のフードコートフードコートの存在感もすごかった…。
毒の沼カレーに魔女風オーク煮込み、エレメンタルうどん、ポーションなどなど、普段口にできないものばかり。
ちょっとおぞましいメニューに手が伸びず。。。
中でもビックリしたのが、薬草(という名のほうれん草)が売り切れになってしまっていたこと!
私はスーパーで調達しようと思います。
 

■まとめ

闘会議2016のポスター初めて参戦して参りました「闘会議2016」。

ちゃんとGALLERIAの取材ができるのか、不安で胃をキリキリ言わせながら会場に向かったのですが、杞憂で終わってくれました。(笑)

会場内に入ったら同士達の熱気に釣られて私もテンションが上ってしまいまして、最新のものから古き良き時代のゲームまで、もうたくさんたくさん満喫してきちゃいました!

朝10時から18時までの8時間、しかも連日行われるイベントということもあって、ドスパラのPCには大変な負担が掛かる環境だったと思われます。

しかし、そんな環境でも安定して稼働できるPCを200台以上も提供できたというのは、やはり「さすがドスパラ!」と声を大にして言いたくなりました。

来年の「闘会議2017」にも期待しつつ、今回はレポートを終えたいと思います。

以上、「闘会議2016」のレポートでした!



ドスパラPC 売れ筋&人気ランキング


-----------------------------------------------
1位:GALLERIA XV:★★★★★
-----------------------------------------------
GALLERIA XV

-----------------------------------------------
2位:GALLERIA XT:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA XT

-----------------------------------------------
3位:GALLERIA ZZ:★★★★☆
-----------------------------------------------
GALLERIA ZZ


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota

ドスパラ評判購入ナビの管理人masagorota新宿で働くWEBプロデューサー

投稿者プロフィール

ドスパラ評判購入ナビは、ドスパラPCをこよなく愛するmasagorotaが運営する個人サイトです。新宿でWEBプロデューサーとして働きながら、ドスパラ評判購入ナビを運営しておりますので、少々筆が遅いところもありますが、出来うる限り更新していきますので、応援をよろしくお願い致します!ドスパラ評判購入ナビでは、公平な情報を掲載してきます。ドスパラを愛するがゆえの行動ですね。ドスパラ評判購入ナビに是非参加したいという方がいらっしゃいましたら、ページ右上のお問い合わせからご連絡下さい。色々な方とドスパラ評判購入ナビを運営していけたらと考えております。ドスパラ評判購入ナビを今後共よろしくお願い致します。

この著者の最新の記事

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ドスパラ購入を検討している方へ

ドスパラ評判購入ナビでは、納得してPCを購入したい方を応援しています。PCのカスタマイズに必要な基礎知識については「カスタマイズ攻略法」をご覧下さい。
ドスパラの製品一覧情報を見たい方は、「ドスパラ製品情報」をご確認下さい。

また、目的に合わせたマシンとカスタマイズ例を「目的別おすすめセット」のコーナーでご案内しています。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

ドスパラ評判購入ナビでは、良質な内容を掲載することを目標としております。量より質(内容)というポリシーでやっております。多少、筆が遅いところもありますが、末永く見守って下さい。

皆様のご意見・ご要望を募集しております。ページ上部にある「お問い合わせ」からぜひ、ご連絡下さい。

売れ筋PCランキング

メタボ管理人オススメ

ページ上部へ戻る